生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

『ダ・ビンチコード』に神父様から一言

今日は復活祭の第六主日のお祝いで、未信者の私もお邪魔した。なにしろ、男性信者が腰を痛めて搗いた草もちが食べられるのだ。洋魂和才なのね、この教会。

何で、今頃復活祭かと思われるだろうが、キリスト教にとって大切なのは、キリストの降誕よりも復活なのである。生まれるのは当たり前、復活したから特別なのだ。だからクリスマスよりも盛大にやるべきなのだ。

夕べのニュースで、話題の映画『ダ・ビンチコード』にカトリック教会の法王庁が文句をつけたというのをやっていた。何でも、キリストには子供がいたとかいないとかいう、デマで宗教を冒涜している、と。

特に日本には、あまり信者がいないので、キリスト教が変な風に扱われていても笑って済まされることが多い。純粋なるカトリック教徒の旦那は、明日のミサで神父様が何か言うかなと楽しみにしていた。

案の定、お説教の中で話してくださったではないですか。『なんか話題の映画があるそうだけども』と。

『あんな映画で権威が冒涜されたなどというのは、今の法王庁が権威主義に陥っているからだ。私たちはキリストの教えだけを信仰しているのだから、映画がどういおうと関係ない

というような内容だった。おお、さすが、カトリック教会の階級主義に反発しているわれ等が神父様。

『今の教会のある部分が槍玉に挙げられてましたが、私だって槍玉に挙げたいくらいです』

だって。笑えた。スゴイ、これが信仰の力なんだなあ。信念というものは、周りの雑音でどうこうなるものではないのだな。カトリックだもん、日本でのあの凄まじい迫害を経験してきた宗派だもの。

映画なんて所詮はエンタメに過ぎない。信者の一人によれば、『その日のうちに読み終えたくなるくらい面白いミステリー』だそうで、私も身内に信者を抱えるものとして、夕べのもやもやが晴れました。

他にも、絵画『最後の晩餐』で、弟子の一人のヨハネが女のように描かれているのは、キリストが男色家だったからだ、という変な噂があったが、実は男色家だったのはそれを描いたダ・ビンチ自身だった、という話も食事の席で出た。


笑いながらそれを話せる信者の方々。強いわ、皆さん・・・。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-05-21 16:20 | マイセルフ