生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

夏に向かって洋服作り

わたしの皮膚はは汗に弱く、すぐに湿疹ができてしまう。化繊が駄目ならブラジャーも駄目。薄い胸なので、スモックみたいなのを着て、ごまかしている。

でも、お金がないので、今流行の体型カバーの服など買えない。手作りである。しかも、ミシンが苦手なので手縫いである。型紙は図書館の本から書き写す。布地さえあれば金がかからない。

布地が変な具合に半端だったので、袖と身ごろが別の布地になっているスモックを作った。つぎはぎ(パッチワーク)には慣れている旦那が、

『また、派手な服だなあ、作ったのか』

と聞くので、そうだというと、

金にならないことに時間使って』

と言われた。確かにそうだ。肩こりもひどい。

『でも、買わないで家にある布地使ってるんだからいいの』

と言うと、

『そうか、金を使わないのも、金儲けの一つだもんな』

と、珍しくお褒めの言葉。最近仕事先の女性たちの我侭に悩まされて、ストレスがたまり、体力が落ちて、大の大人のくせに『とびひ』になってしまった旦那。にしては機嫌がいい。

詳しくは書けないが、男にちやほやされて仕事を任されてる若い女って、救いようがありませんね。わたしの旦那なんだからね! いじめちゃだめ!! 


まもなく娘の幼稚園もお泊り保育である。友達は新しい寝巻きを買ってもらうんだそうだ。うちは、当然手作りである。しかも、やはりつぎはぎである。身ごろは白地のサッカーで、袖とズボンはピンクの熊さん柄で、白地には熊さん柄のポケットとリボンをつけるつもりだ。

型紙作りから制作を見ていた娘六歳、布地が組み立てられていくのを見て、『おっしゃれ~』と感想を述べてくれた。

着てくれますか~~? と弱気な母親

前回、ジーンズのスカートがほしいと言うので、ハギレを買ってゴムスカートを縫ってやったら、どうやらイメージと違ったらしい。ベルト通しとか、ステッチの利いたポケットとか、そんなもの不器用なわたしにはできませんよ。

というわけで、娘に一度も着てもらえないままリフォームを待つ、哀れなスカートなのである。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-06-16 15:55 | マイセルフ