生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

いじめから救うには

朝日新聞の22日付の社会面に載っていた記事です。

  親 『やむを得ず』2度転校

  先生 『当事者の言い分を聞く』

どちらもいかにしていじめをなくすかではなくて、周りの大人はいじめにどう対応するかを説いています。特にこの兵庫県の40代の先生の対応策は、現場を知り思春期に差し掛かる子どもたちの事を熟知した、納得のできるものでした。

まず、子どもが親に相談している事が前提ではありますが。

被害者加害者双方から話を聴き、被害者の気持ちを伝え解決法を考えさせたそうです。道徳の時間には『認めること』をテーマに取り上げ、いじめには触れないそうです。

叱ったところで陰湿になっていくだけ。加害者の心にも問題があるのですから。

前に、ストーカーの被害者と加害者を第三者立会いの下で話し合わせ、『そんなに怯えさせていたとは知りませんでした』と、加害者が謝罪するドキュメンタリーをやっていました。

いじめ、家庭内暴力、知人によるストーカー、これらは加害者と被害者を引き離す事で防ぐより、事件になる前に当事者同士が落ち着いて話し合う場を設ける方がよりよく解決するのではないかと思います。


私の塾での経験から。

別の中学校に通う塾生同士(♀)が、陰湿なにらみ合いとなり、怯えたほうの少女の親が相談に来られたのです。

エリート育ちの塾長は、関わりたくないという顔で相手の塾生の少女の退塾を匂わせていましたが、私は個別に話を聞いたあと二人を呼び出して、話し合わせました。

一人は看護士を目指している優しい子、もう一人も保育士になりたいというような子。お互いが解って二人はその後、教室で『プリクラ』交換をしたりしていました。

ま、たまたま成功したから言えるのですが、『いじめ対策』には

 ●早期発見と早期対処

 ●どちらの子にも愛情を注ぐ

ことが必要です。いけないのは、親も先生もそこから逃げる事。特に先生は教育で金をもらっているのだから、きちんとせい! と思います。親は子どもの健康を守るのが仕事なのだから、ちゃんと顔色を見てあげなさい、と思います。

転ばぬ先の杖ではなくて、転んだときに立ち上がる強さと勇気を、子どもたちだけではなく、大人も持ちたいものです。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-10-22 11:01 | ニュース