生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

しろばんばカレー

実家の母は、車にも自転車にも乗れない。最近は関節が弱くなり痛いので買い物にもいけない。人工透析の父も具合のいいときしか車を出せない。で、生協を買い込んで、冷凍庫がいっぱいになると、娘である私のところにクール宅急便で送ってくるのだ。

ありがたいことである。うちの冷凍庫は小さいので、母から冷凍物が届いた日はすごいご馳走となる。

普段作らないようなコロッケとか、イカのてんぷらとか、たこ焼きとか(どんなメニューや)。


ところが、冷凍物に混じってじゃがいもが入っていた。

ようし、豚肉もあるし人参もたまねぎもあるから、今日はカレーにするか、と一念発起(たかがカレーなのにそこまで・・・)したのもつかのま、ご存知ですね、じゃがいもは冷凍なんかしちゃいけません

解凍したら手で潰れるようなじゃがいもになってしまった。

いも抜きカレーでもいいのだが、何か無いかと野菜箱を探したら、ありました、先日旦那が買ってきたとれとれの大根! これにしよう。


井上靖氏の『しろばんば』で、主人公の少年のために、ばあちゃんが一所懸命に作ったカレーの中には、いつも大根が入っていたというくだりがある。きっと、畑にあるものを何でも入れたんだろうと思う。

ま、本来、カレーというのはそういうものだけどね。

日本全国老若男女、カレーってみんな好きだ。なぜこんなにもポピュラーなのかと思っていたら、日本にj徴兵制があったころ、軍隊で食べたカレーを青年達が田舎に帰って広めたからだという話を読んだ。戦前の食べ物だったのね。

大根入り、しろばんばカレー。話を聞いて顔をゆがめていた娘であるが、長く煮込むとたまねぎだか大根だかなんだかわかなくなって、しかも甘みも出てとても美味しかった。

これなら残ったカレーを冷凍しても大丈夫だ。

もっとも我が家では、冷凍せずに煮返して二日ほどで食べてしまう。くたくたになったのがまた好評なのである。


今度は何を入れようかしら。ふ、ふ、ふ。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!

[PR]
by chiyoko1960 | 2007-05-27 10:01 | マイセルフ