生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

子育てがラクになる本

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)
内田 樹 / / 新潮社
ISBN : 4106101122

若者の凶悪犯罪というのは、やはり家庭の役割が壊れていることが原因だと思う。

家庭は矯正の場でもないし切磋琢磨する場所でもない家庭は憩いの場なのである。メンバーが学校や仕事や社会の中で受ける心身両面での疲れをとる、家庭というのはそれで充分、親というのはそれができればいいのだ、と思っていた矢先に出会った本。

抜粋してみます。

『家庭での対話の基本というのは、「お腹減ってる? ご飯あるよ」とか、「お風呂入る? 沸いてるよ」とか、「眠い? お布団干しておいたよ」とか、そういう生理的な、快の提供と不快の除去というところにあると思うんです。それがクリアーで来たら家族としてはもう上等ですよ。
・・・(略)・・・
家族間で価値観を一致させようというような、できるはずのないことをしようとするから家族が綻びるんじゃないですか。』


これを読んで思い出した。

赤ちゃんは、お腹がいっぱいでオムツが汚れてなくて眠れればそれで満足
なのだと思っていた私に、教育学者の本を読んだ旦那が、赤ん坊の欲求はもっと奥が深いのだ、などと育児負担を更にふやしてくれたことを。

もう一つ。

『「やればできる」って死語にしたいね(笑)。子供に対して使ってはいけない言葉ってあるけど、その一つがこれ。逆でしょ。「あ、できたね」「え、何が?」でしょう、正しい順序は。
・・・(略)・・・
「お前、そんなことできるん?とかね。あるいは「へえー、そういうこと考えてるんや」っていうふうに。
・・・(略)・・・
大人の側が見せるその驚きが子どもには必要なんです。子どもの喜びっていうのは大人に敬意を払われた、大人に一目置かせたという経験なんですよ』


成長振りを驚嘆してればいいんだ、教育って。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
  
  
[PR]
by chiyoko1960 | 2008-07-11 11:16 | 好きな本