生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

トンでもない、犬インフルエンザ

Excite エキサイト : 社会ニュースおなかに娘がいた九年前の正月のことである。私と旦那は東京発の高速バスで、我が実家に向っていた。


そのバスに一人のご婦人が、籠に入れた小犬とともに乗っていた。ところがその犬が、やたらとくしゃみや咳を連発していたのである。


実家では何事もなく過ごし、二日後、家に戻ってから、私夫婦は具合が悪くなった。発熱によるだるさと咳。間違いなくインフルエンザである。


妊娠中なので風邪薬とか抗生物質ニは頼りたくない。もとより私は、風邪を引いた場合とにかく熱が出るままにしてさらに体を温め、高熱で菌を退治するというスズメバチを撃退するミツバチのような方法を取ってきた。が、このインフルエンザはそれが効かず、やたらとだるいのである。


通常のインフルエンザであれば、四十度近い熱が出ても雪の中を歩いて買い物にいけるという、ただの馬鹿としか思えない私が、ほぼ寝たきりの状態になってしまったのである。


一方、これまでインフルエンザなど気合で撃退し、結核をも水泳で克服した(?)耐性菌の塊のような頑丈な旦那が、「こんなにひどい風邪は初めてだ」と弱音を吐きながら仕事をしていた。


医者にもかからず三日目には何とか通常の生活に戻れたのだが。



きっとあのバスの中でやたらとくしゃみと咳を連発していた犬のせいだ、あいつの風邪をもらったにちがいない。


豚インフルエンザの存在を知った私たちは、あれを、犬インフルエンザ、と呼んでいる。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
[PR]
by chiyoko1960 | 2009-04-30 14:23