生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

遠足

今日は小学校の遠足である。一年生から六年生までが混ざった特別の班編成で、歩いて三キロほどの公園で過ごすのである。ちょっと暑いが雨具の用意がいらないので助かる。


昨日、学校から戻ってきたは、おやつに『ぷっちょ』がないといって怒り(知るかい!)、夕方の五時ごろお金を持ってマンションのボーイフレンドと一緒に近所のスーパーへ買いに行った。


あれ? 子供同士でスーパーにいっちゃいけないんだっけ? あれは、長期休暇のときだけか、とトボケル母。


幼稚園の頃は毎朝作っていた弁当も、給食というありがたい制度によりご無沙汰している。メニューは娘のリクエストどおり、カッパ巻き、ソーセージ巻き、玉子焼き、鶏の唐揚げ(冷凍)。語るほどでもない定番メニューである。


ファミリーサポートでお迎えに行っていた、お母さんのいないあの子は、お弁当どうしたのかしら。それより、休まないで参加したのかしら。気になりながらも何も出来ない。


テレビに紹介される父子家庭なんかだと、お父さんが頑張って弁当を作ってくれたりするが、そんなできのいい親ばかりではない。母親だってやらない人はやらないのだから。


まあ、コンビニか何かで、お菓子と一緒に用意したのだろうと割り切る。


私が小学校の頃、親のいない養護施設の子供がクラスに三人以上はいた。遠足のお弁当はいつも店で買った菓子パン。私はそれを見ていて自分も途中の店でパンを買ってもって行ったことがある。


そうすることで、彼らが特別に不幸ではないことを確かめようとしたのかも知れない。


そうでもしないと耐えられないほど、私は彼らに同情していた。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
[PR]
by chiyoko1960 | 2009-05-01 08:57 | 私流子育て