生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

カテゴリ:マイセルフ( 42 )

ビズって、ビジネスの略語かなんかでしょうか。とすると、私には関係ないのかな。いやいや、私とて、小さな会社長夫人、昨年は降りしきる雪の中、39.4度の発熱を抱えて銀行まで歩いて支払いにいったビジネスウーマンだ。単に、計画性がないってだけのことですが。

夏は、ブラジャーもしないというクールビズ、捕まらない程度に体を蔽っておけばいいというスタイルでした。冬はもちろんババシャツの登場です。以前勤めていた会社で、アメリカ帰りの英語ぺらぺらのモデルみたいに素敵な女子社員が、格好いい身なりの下にしっかりババシャツを着込んでいたので、それ以来私にとってのババシャツは、

『できる女のおしゃれ』
の代名詞みたいになってます。テレビの女性キャスターが、

『ババシャツって言い方はやめてほしい』

とかいってましたが、解りやすくていいじゃないですか。英語だか日本語だかわかんないような言葉よりずっと。

股引。私の旦那は使っていない。これは私が高校生の時の話ですが、当時の同級生の男子は、『股引愛好会』なるjものを結成していました。授業中は先生のズボンをちらっとめくって、股引をはいていると即座に入会をさせる。

家庭科の女子先生が『最近の男の人は股引をはかないでしょう』と発言していたので、私たちがみんなで『はいてますよ~』と反発もしました。意外と格好いい男の子がはいてたのよね。頭のいい不良一歩手前のプチ不良みたいのが。

要するに、衣服というのは暖かければいいのであって、中身に自信のある人間は、ババシャツと股引をためらいもなく身に着けるものなのだ。旦那もはけばいいのに、股引。足が太いからズボンが履けなくなるかしら。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2005-12-30 10:29 | マイセルフ

年末調整

一応会社組織なもので、あるのです、年末調整が。ただし、薄給ですからね。私なんか殆ど無給ですし(ろくなことやってませんが)、社長(旦那)でさえ給料からサラリーマン控除とやらを差し引くと、納税額がゼロになるような状態ですからね。

年末調整というのは、払いすぎた税金を返してもらうためのものだから、払っていない人は関係ないのですが、勉強のために毎年税務署の説明会には参加しています。いつかは高額納税者になるんだからさ。はっはっはっ。

38歳で結婚して、一児を授かって、ドップリ専業主婦の世界に浸っていたら、ある年のクリスマスの日に、旦那がリストラに会ってしまった。年齢的にも再就職は難しい。幸い、会社の上司の覚えはめでたくなくても、外に人脈のある営業部マンだから、独立してやっていこうということになって・・・

で、私は経理担当になったのだけど、簿記の知識なんて全くないし、本を読んでもわからないところがわからないという状態だし、エクセルやったら吐きそうになるというような女ですから、まさに手探りでした。

初めて年末調整の説明会に行った時は、娘が一緒。肝心なところで退屈な娘が『母ちゃんおしっこ』とのたまい、そのたびに退席していたなあ。今は、楽です。

始めにDVDによる年末調整の説明がある。今日び、スライドじゃあないのね。会場は電気が消されます。なんか、高校時代の生物の時間みたいだ。スライド上映となるとみんな寝てたっけなあ。

で、この日も睡魔と闘いながらか、

『ここに出演しているタレントさん、言葉の意味わかって喋ってるんだろうか、わしゃ、ほとんどわからんぞ』

とか余計なことばっかり考えてました。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
by chiyoko1960 | 2005-11-19 08:12 | マイセルフ