生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

脳性まひブラザーズ

そんなお笑いコンビが新潟にいるんですね。

ブラザーズと言っても、兄弟ではありませんが、一人は、脳性まひで言語障害がある。一人は脳性まひで車椅子。それぞれの障害をネタに、今は福祉施設などを中心に活動しているそうです。

たとえばこんなネタです。

車椅子の方が立ちいり禁止の区域に入ろうとする。そこに警備員役の言語障害の男性がやってきて注意をする。すると車椅子の方がいう。

何を言ってるのかちっともわからない

『お前、いっていい事と悪い事があるぞ

そして、もう一度ここは立ち入り禁止なんだと言うと、車椅子の男性が、

オレは車椅子だから、立ち入りなんてしてない


笑えますか。究極の自虐ネタですよね、これは。ただ、彼等はお笑いコンビとしてこれを行っているのだから、笑わない方が失礼です。面と向かって健常者が言ってはいかんと思いますが、それでも、関係性によってはそれもありなんですね。

その昔、両手のないサリドマイドの友人にボーイフレンドができたというので、会いに行ったことがあります。彼は健常者。どのくらいの関係までいってるのとからかうと、

僕等、手もつなげませんから

と彼女の障害をネタにする。ま、一年後には、彼女は妊娠して、遠距離恋愛中の彼氏に替わって、私は病院に付き添ったのですね。何でも自分のことはできる人ですが、タクシーをつかまえるときには頼まれました。

足を上げても止まってくれないと思うので

笑っていいのかなあと思いながらも笑いました。世の中には、笑い飛ばさないと耐えられない苦しみもある、自分の不幸をのろって生きるより、笑って明るく生きようぜ、みたいな。

五体不満足』が出版されたときに、障害者である自分と明るく向き合う生き方が、少しでも見直されると思いましたが、世の中のトレンドはやはり障害者は『保護救済』の対象。障害者に無遠慮な事を言うなどとんでもない、と言うのが今の空気です。

そのくせ、昔よりも障害者への風当たりはずっと冷たい。寂しいものです。

で、このお笑いコンビにも嫌がらせはあります。ホームページがありますから、嫌がらせの書き込みもあって、落ち込んだそうですが、一人はこういいました。

『ある人から、命と言う文字は、一度は人に叩かれる、と書くでしょう、と言われました』

くいは出るからこそ打たれるのです。


ちなみに我が家では彼等のギャグを素直に笑ってました。言葉を持たない障害者の妹のまねをして笑ってるような一家ですからね。真似をされてる当の妹も嬉しそうでしたが。さすが、大阪育ちだ。 



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-08-29 22:59 | ニュース

許す

昨日娘六歳が嘘をついた

旦那のものを隠して、それを知らないと言い張り、後で元に戻して『あったよ』、と言うのだ。ばればれである。

どうせならもっと上手に小細工しろ、っじゃなくって!

私も嘘はよくついた。親に叱られるのが怖くて保身のための嘘を(ちなみに私の田舎では、嘘をつくことを、チャグうたう、という)。でも、親のものをとったり、隠したりはしなかったなあ。


『あったじゃないでしょ。正直にお父さんに言ってきなさい。その方がすっきりするから』

と娘に言い残し、私は先に風呂に入った。パパに告白した娘が後から風呂場にやってきた。

叩かれなかったよ

と嬉しそうにいう。そうなのだ。最近パパはちょっと乱暴なので、娘はそれが怖くて言い出せなかったのだ。怖いなら隠すな、といいたいところだが。

『そう、よかったね。お父さん許してくれたの。あなたが隠した事も嘘をついたことも許してくれたの。やさしいねえ。お父さんてイエス様みたいだね

娘の目には涙が浮かんだ。叩かれるよりも責められるよりも、許された方が冷静になって考えられるのかもしれない。こういう一言の方が効き目があるんだな。う~ん、まだまだ大丈夫だ。と、私は思った。


そういえば私が仕事で失敗して、それを聞いて静かに許してくれる旦那って、お釈迦様みたいだもんなあ(クリスチャンだけど)。


一方私は悪意のある悪戯は許せないタイプである。許さないからこそ、旦那のように娘からいたずらをされる事もない、ともいえるのだが。だが、これからは憎まれ口のような、多少確信的なワルに対しても、もう少しおおらかに構えようかと思う。悪意がないのならなおさら責めるのは避けよう。

おおらかな子育てと言うのは、厳しく叱るよりも、しつけには時間がかかるかもしれない。だが、成長して親に嘘ばかりつくようになったり、隠し事ばかりするようになるほうがずっと厄介だ。


今日は教会の礼拝日である。『暴力親父と嘘つき娘』は、どんなお祈りをしているのだろうか。   


人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-08-27 10:10 | 私流子育て

密漁

いえ、北方領土のようなものではなくて、資源保護のために採取禁止になってる海岸で、アサリをとってたりする女性の報道を見て思ったのです。

確かに量的には少ない。自分ちの味噌汁の具にするぐらいだから、と、ぼかしを入れられた女性はテレビ局の人に応えている。

『しかし、密漁は密漁だ』と、正義の味方の一言が低めの声で流れる。


私は密漁経験者です。ははは。法律違反といえば確かに、そうです。

高校生のときに、友達と一緒にボートで利根川の支流で遊んでいたときのこと。男等がスもぐりで川底のしじみを取ってきて、私たちはそれで味噌汁を作りました。ぷっくりした、実においしいしじみでした。

ここで採っちゃいけないんだよね、と言いながらいただきました。しっかり確信犯です。

でも、田舎の暮らしってそんなもんで、砂浜のアサリだって、採っちゃいけない法律ができたと言われても、それまでの慣習上自然の恵みとして利用します。蛋白源がそれしかなかったんだもの。店は遠いしさ。

実家の庭が海に続いている旦那も、自然の恵みを個人が利用する事を『密漁』呼ばわりされるのは不満顔。そりゃ、業者が商売目的でダンプカーで来て、ごっそりと持っていっては資源保護上問題だけどね。

マスコミ界のように都会の人は、食べ物と言うものは店からしか仕入れません。自然の恵みとかいいながら、自分でとって殺して捌いて食う、という生活は日常ではありません。自然は保護するものであって、利用するものではない、それが都会人の感覚。

自然とともに生きる人間と、自然から遠ざかって暮らしている人間の差。


小さな密漁を批判しながらも、都会の人は店に並んだ密漁の花咲ガニは食べてたりしてね(ああ、また余計な事を・・・)。      


人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-08-25 15:36 | ニュース
終戦の日にやってたNHKの討論番組(今年のテーマは純ちゃんの靖国神社参拝でした)、昨年は、歴史認識不足というより頭が変なのではないか、という女性が意見を述べていて、言論の自由にも程があるぞ、と思って、今年は見ないつもりでしたが、大好きな麻生ちゃんが出てるので見てしまいました。

その中で20歳過ぎのまじめそうな青年が、

戦争犯罪者というが、そういう戦争指導者を選んだのは国民なのだから、みんなに責任があるのではないか

という事を述べていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はあ?

一体どういう学校教育を受けてきたんでしょうか。と、思いつつ大好きな麻生ちゃんを見ると、彼も首を傾げておられました。

天皇陛下も海軍大臣も、あの山本五十六も、戦犯になっている広田弘毅も、開戦には反対だった。勝てるわけないから。それを暴力で封じ込めて日本中を戦争に駆り立てた軍部の指導者連中というものがいたわけです。


市民運動をやっていた友達は、戦中派の母親に『なぜみんなで反対しなかったんだ』と聞きました。母親は言いました。

そんなもん、ちょっとでも逆らったら憲兵がきてひどい目に合わされるんじゃもの。連れて行かれて拷問されるんよ。何も言えんわい。

ドイツのヒトラーは民主的な憲法のもとで行われた選挙で、国民によって堂々と選ばれた首相です。日本とはそこのところが違う。


今期で終わりになる首相が参拝に行く事よりも、恐ろしいのは、かつての戦争についての正しい教育が、戦後の日本でもきちんと行われず、したがって歴史に学ぶという事もせず、それによって間違った認識が若者の間にはびこることではないでしょうか。

と思ったら、今日の新聞の投書欄に、60歳の方の先の若者と同じような意見が載っていました。彼もきっと、正しい歴史教育をうけてないんでしょうね。

変に謙虚になるのではなく、きちんと学ぶことが大切なのでは。

アメリカが原爆落としたからって、アメリカ国民がみんな悪いわけではない。アジアの人たちが日本人に抱く気持ちもそれと変わらないと思います。


夏休みもあと少し。科学もいいけど、もっと戦争についての勉強もしてほしいと思うお母さん。♪もしも私が先生だったらね♪という歌を作ってみました。曲は♪もしも僕がコックさんだったらね♪


      ♪もしも私が、先生だったらね
       夏休みの課題図書は
       太平洋戦争の体験談
       自分で選んで読ませて感想文
       コンクールの入賞なんて 二の次さ♪

      

人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-08-20 10:07 | 教育

純ちゃんと靖国参拝

朝日新聞のトップに載っていた参拝を終えた純ちゃんの写真。

どう見てもあの顔は、英霊たちの前に誓いを新たにした顔には見えません。参拝を終えて、やれやれという顔です。そういう風に受け止められるような写真だったという事かもしれませんが。

中国や韓国だけではなく、自民党内部からも反対意見のある首相の靖国参拝を、なぜ、純ちゃんはここまでガンコに強行したのか。

といいますが、これまでも日をずらしたり、『首相の小泉純一郎が個人として参拝する』というようなさっぱり分らないコメントを出したりと、『抵抗勢力』に対しては、彼なりに気を使っていたんですよね。


『もう、俺はこれで首相として参拝しなくていいんだ、最後だけ公約を果たせば、あとは野となれ山となれ(これは鳩山さんのコメントだったっけ)だい』


末っ子純ちゃんの心境は、こういうものではないでしょうか。

彼は総裁選のときにただ一人組織票を持っていなかったそうです。そこで、夜遅く、自民党員が七万人いるという遺族会の人に電話をして、終戦の日の参拝を約束して、組織票を獲得したそうです。

首相になるために、終戦の日の靖国参拝を約束してしまったのですね。これを実行しないとどうなるか。何しろ遺族会というのは戦前の軍部の考え方を引きずってる人もいますからね。カッターナイフくらいではすみませんよ。

次の総裁選では、靖国参拝などという難しい話を、公約にするのはやめてもらいたいものです。

それにしても、純ちゃんのおかげで、うやむやになっていた、日本人としての戦争責任の問題が、日の目を見たのです。せっかくだから大いに議論してみたい、と思ったら、加藤議員の実家が放火だってさ。

いるんだ、まだ。こういうテロリスト。怖いねえ。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-08-17 23:34 | ニュース

お返事

たまには書いてみるか~~~、といい加減な気分で更新して、これまたいい加減な気持ちで覗きに来たら、こんなにもコメントを頂いているではないですか。有難うございます。ほんとうに。

この場を借りて、お返事をさせていただきます。お一人お一人に返せなくてごめんなさい(これからは覗く頻度をふやしますから、お許しを)。

石鹸生活、やはりいらっしゃるんですね、とうの昔から実践しておられる方。えらそうに書いて恥ずかしいくらいです。これからも、いろんな情報をお聞かせ下さい。

毎日の更新は内容的にも時間的にも無理があります。なので、しばらくは気が向いたら更新する事にします。月に一回くらいのペースで覗きに来ていただければ、内容が変わってるかなア、と思いますので、こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by chiyoko1960 | 2006-08-17 23:14 | マイセルフ