生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

親子で楽しむ絵本とは

というタイトルの講習会に召集されて行って来ました。いやあ、よかったです。もう、帰りにその足で図書館に寄ったぐらいです(休みだった)。

子供が楽しむ本の選び方。これ、結構難しい。親が読ませたい本とはかなり違うものです。また、一般に出版社が薦める本というのは、社員という大人が選択したものなので、子供の目線に立った良書とは言いがたいものがあるそうです。

まず、納得。

講師は大学の先生で、学生200名の研究サンプルを元に、子供が楽しめる本を研究なさっています。

学生たちに、子供のときに読んだ本の中で一番心に残っているものをあげさせ、なぜそれが気に入ったのかを書かせ、次に、今その本を読んでみてどのような感想を持ったかを書かせるものです。

その結果、わずか14,5年の歳月を経て、かなり感じ方が変化していることが分りました。なにしろ、子供は自分の意見が的確に伝えられませんからね。この研究結果は貴重です。

子供が楽しめる本かあ。いつも同じ本ばかり繰り返し読まされる親のほうはうんざりしている。それにはきちんと理由があって、

大人は繰り返しが嫌いで、先の読めないものが好き。
子供は繰り返しが好きで、先の読めないものは嫌い。


なんだそうです。なるほど。

で、子供が楽しめる本とはどういうものかというと、

 ●絵が分りやすく、絵を見ただけでストーリーが分るもの

  (ここで、いわさきちひろさんの本が槍玉に。子供にはお話が分りにくい絵である)

 ●単純に、勧善懲悪ものがよい。

  (悪者は悪の象徴なので、軟弱に作り変えた昔話は子供の倫理観をややこしくする)
 
 ●子供は自分が主人公になって読むので、主人公が死なない夢のあるものを。

  (またもや、いわさきちひろさんの本が槍玉に。かわいそうなのはだめなのね)

 ●時空間があちこちに飛ばないものを。

  (それからどうしたの? という気持ちを止めないように、だそうです)

 ●絵とメッセージで選ぶのではなく、書き方が面白いもの。

  (主人公が紹介されたら、すぐに行動が始まるのが楽しい)


例えば、うちの娘は『火垂るの墓』がすきなんですが、じゃあ、平和主義かというとそうでもなくて、幼稚園では取っ組み合いのけんかばかりしてますし、ニュースの戦争の場面を見て明日の世界を憂えておびえいます。

生きているとこんな楽しいことがあるんだ、頑張ればこんなにいいことがあるんだ。小さい子供には、まずはそういう夢を希望を与えることが大切なのだ、と現実主義の私は深く反省しています。


皆さんは子供の頃に感動したお話、覚えてますか。


ちなみに私が覚えているのは、『人魚姫』『マッチ売りの少女』『フランダースの犬』です。善良な主人公が死ぬ話ばっかりです。

・・・ひねくれるはずですわ。



こぶたはなこさんのおべんとう
くどう なおこ / / 童話屋
ISBN : 4924684163
スコア選択:

しょうぼうじどうしゃじぷた
渡辺 茂男 / / 福音館書店
ISBN : 4834000605
スコア選択:




人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-01-30 12:48 | 好きな本

こんなのが大学生

前々から、分数のわからない大学生がいるという話は聞いていましたが、そんなやつがなんで大学に入れたんだろうと思っていました。

要するに子供が減って定員割れしてしまうので、そういうやつでも入学させないと大学が困るかららしいです。


NHK『クローズアップ現代』で、ある大学の話が取り上げられていました。とにかく学力のない学生が多いので、特別講座を開いてやって補習をしているというのです。

教官室の本棚には、中学校の英語や数学の教科書が並んでいるのです。ある学生の英語の答案用紙、受動態が全くわからない、並べ替えさえもわからないという状態。

大学を受験したということは、高校に通ってたんだよね~、中学の勉強がわからないってどういうことなんだろな~。

それでも学生獲得のために教官たちは、懇切丁寧な補習を続け、それが大学としてのサービスだ、今はアカデミックな面だけでは競争に勝てないのだ、とかおっしゃいます。

つくづく思います。学生は商品か、と。

彼らが社会に出た後のことを少しでも考えているなら、こんな過保護なサービスが学生たちのためにならないことはすぐにわかりそうなものです。中学校の勉強がわからないことが問題なのではありません。

これまで自分が、はっきり言って怠けていて、マスターできなかったことを、大学にいくような年齢になっても面倒見てもらおうという、そういう意識を助長するような大学のやり方がおかしいのです。

分数がわからなくても受動態がわからなくても社会で生きていくことはできます。仕事なんていくらでもある。学力のない人は早く社会に出て、経験や学習をつんでその道のマスターになる方が、よほど幸せな人生を送れますよ。

では、こういう手のかかる学生を、定員確保のために入学させた大学はどうすればいいのか、というと、何もしないでほおって置けばいいんです。学力がないから単位が取れません。毎年留年させて、ずっと学費を納め続けさせればいい。それが無理なら、自分にはあっていませんでしたということで退学すればいい。

そういうことを自分の力で考えさせ選択させることが、自立のための教育ではないかしら。


大学という港を出た後に、社会という大きな海が待っていること。

教育に金をかければ子供は幸せになれると思っている親たちに、気づいてほしいことです。


それにしても、元塾講師がこんなこと言ってていいんだろうか(笑)。




人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-01-28 10:28 | 社会への一言

岡野あつ子さん

久しぶりにテレビの人生相談で拝見! 以前、バツイチばかりを集めたトークショー形式の番組、その名も『バツ!』で毎週拝見していたのですが、すぐに終わってしまいました。

とてもユニークな番組だったのですがね、やっぱ、カラっと受け入れられるには、まだ時間がかかるのかな。

ちなみに岡野さんもバツイチで、再婚者にステキな出会いを、というカラットクラブを主宰しておられます。

相談のケースは、高校生の子供のいる主婦で、旦那が浮気をして一年以上愛人と暮らしている。息子のための貯金通帳も取られた。浮気の証拠は握っているので、どうするのが得策か、というものです。

選択肢は、  1.離婚する      
         2.証拠を突きつける        
         3.ただ待つ

岡野先生のお答えは、『意外にも』、 ただ待つ、でした。

まず、今離婚するのは大変不利。これからは厚生年金がもらえるのだから。しかも旦那も愛人も離婚を望んでいる。はんこなんか押したら相手の思うつぼ。彼らにいい思いなどさせてはなりません。

証拠をつきつけても、のらりくらりとはぐらかされるのがおちでしょう。妻子のいる男と同棲しているような愛人ですから、相当のタマ証拠は裁判の場で出してこそ効果的。

、待つ。

こんな思いやりのかけらもない愛人との暮らしなど、そのうちに破綻します。旦那が捨てられてなきながら帰ってくる日を待ちましょう、とのことでした。

意外でした。岡野さんご自身は、旦那さんの浮気が原因で離婚されてますが、それは自著の中でこのように書かれています。

格好いいという見た目にだまされた自分も馬鹿だったのだ。


相手ばかりを悪く言うのではなくて、自分もこれをチャンスに変わっていこう、よりステキな女性になってよりよい人生を歩いていこう、そういうことが大事なんだと教えて下さっています。

ところでうちの旦那は、岡野さんとはお酒も飲みにいくほど親しい(?)仲です。お互いに離婚経験者ですから、話も合うんでしょうね、と思ってたら、岡野さんに欠点を指摘された挙句、

あなたの奥さんて、よほど賢いかよほど馬鹿か、どっちかだね

と罵倒されたそうです。

・・・・・。

その日旦那に、岡野さんがテレビに出てこんなこと言ってたよ、と話すと、

『へえ、なんか細木数子さんと同じこと言ってるなア』

離婚しなさいとはいわない。苦しみから逃げないで、強くなれと教える。楽に楽に、と世の中の仕組みをもっていこうとする風潮の中、逆にこういう厳しさが歓迎される面もあるのかな、と思います。





人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-01-25 12:37 | マイセルフ

小学準備

夕方、娘のお絵かきにつきあっていたら、お電話です。


春から小学校になられるお子さんのお母様ですよね』

いかにもそうだけど、何? 

『今は学校での学習現場も変わってきていて、授業についていけないお子さんも多く、ご存知かと思いますが、学校によっては事前の検診で入学が困難とされるケースもありまして』

はあ、そうなんですか。うちの娘が行く学校は、児童数が少ないので先生の目が行き届いていて、知的障害児も一緒に学べるような校風なんですけど。

え、ちがうの? うちの娘がそういうケースにならないために教材を買って家での学習習慣をつけましょう、って話なのね? 

いろんな教材があると思いますが、お子様に最適な教材というのがなかなかございませんよね』

どの子にどういう教材が合うかっていうのは、実際に使ってみないとわからないんじゃないですか。


つい面白がって相手になっていると、遊びを中断された娘が恐い顔をして、私の周りを人工衛星のようにうろつき始めました。セールスの電話だということがよくわかっているらしい。

あのう、私も長いこと塾で働いていたので、教育に関しておっしゃることは全部わかるんですけど、結局何の御用なんですか!

『そういうおかあさまなら、お子さんの教育に関してはとてもご熱心でいらっしゃるでしょうね』

いえ、別に。何も習わせてませんし、教材もやってませんし。幼稚園でも、今しかできないことをたくさんやらせてくださいといわれてますので(いい幼稚園に入れたなあ)。

『ああ、そうなんですか。あはは~(と、困った笑い)』

あの、すみません、娘が勉強を見てほしいと言ってますんで、これで失礼いたします。はい、はい、どうもご苦労様です。パシャ。


本当は勉強じゃなくて、二人で、『ばい菌の家族』とか、『ぐ~たら宇宙人』とかの、オリジナルキャラクターを考えてたんだけどね。


いや、なあに。遊びも立派な勉強ですから・・・。


    私のお薦め小学生向け教材
   
     ★文理       教科書ワーク
     ★日本教材出版 小学生教科書準拠ワーク

塾で使用してましたがどちらも市販してます。教科書に沿っているので使いやすかったです。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-01-14 10:27 | 私流子育て

娘の机の中

娘六歳は、ずいぶん前に隣人からおねえちゃんが使っていた勉強机をもらいました。最初の頃は物置でしたが、最近はそこに座ってお絵かきをするようになりました。

時々覗きに行くと隠すことがあります。一体何を描いてるんでしょうか。隠し事イコール描く仕事、なんちゃって(すいません)。

で、今日から幼稚園。留守中に引き出しを開けてみると、処分し切れなかったお絵かきが残っていたので、私が整理してみると・・・。

どうやら、これが隠していた絵か、というのが出てくる。裸の女の子がいじめられている絵である。しかも、しっかりお胸が膨らんでいたりするのだ。幼稚園児が描くか?! 黙って処分しました。もちろん娘にも何も言わないつもりです。

よく児童心理学では、絵を描かせて分析をするというのがありますが、きっと、娘もそれなりに心の闇を抱えているんでしょうか。それともこういうのをオープンにすると、ママに怒られるから黙ってるだけなんでしょうか(怒らないとは思うが反応にかなり戸惑う)。

早いかどうかは別にして、性的なことって誰にでも興味があって、恥ずかしいからひっそりと楽しむという面もある。

私だって旅行中、トビヒで接触もままならない旦那に、娘が寝たらホテルの部屋の有料テレビでも見ようかと提案したかったくらいですから(お金がもったいないのでやめました)。


中学生の息子が家のパソコンでエロサイトを見ていたと、母親が教師に相談して、それからいじめられた息子が自殺した事件がありました。

高齢ママの私は思います。

こういうときプロである教師は、それは思春期の男の子にとっては当然のことだと母親を諭すべきだと。

そして、誰にも迷惑をかけずにこっそりと見ているぐらいは大目に見てはどうか、家というのは子供が心を癒すところだから。ただし、高額な通信料は小遣いから引きなさいと、私だったらそういっただろうと思います(金のことしか考えていないなあ、私って)。


子供のあらゆる面を把握しながらも決して動じない

そういう親に 私はなりたい。


ひきこもり脱出ガイド―本人と家族のカウンセリング入門
武藤 清栄 / / 明石書店
ISBN : 4750316164
スコア選択: ※※※※





人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-01-09 15:41 | 私流子育て

我が家の年末年始

明けましておめでとうございます。今年も皆様が、明るく楽しく過ごせるようにお祈りいたします。


私のダイエット作戦、続報

 『昼飯抜き』のダイエットを無理のない程度に実行中です。何しろ、ファミリーサポートのお客さんが、夕食しかきちんと食べないという人なので、その仕事が入っていると、無理なく抜けます。胃袋が少し縮んだせいか、茶碗に盛るご飯の量が減りました。ああ、でも正月が怖い。

旦那のダイエット作戦

 食事前のキャベツ、というまた新しいダイエット法を仕入れてきました。水を飲むのはどうしたんじゃ!  しかし、飢えに苦しむ人がいる世の中で、やせるために『食べる』というダイエット法は間違っていると思う。やっぱり。

見ましたよ、紅白の裸踊り

 話題になってるNHK紅白歌合戦の迷シーン。旦那はかぶりついてみてました。いや、本物かどうか確かめてたとのことです(旦那の名誉のために付加)。それらしく見えるボディスーツだって。一石を投じたにしては、肝っ玉が小さい。

老親と障害者のいる実家

 正月、一泊だけ実家に帰った。ことし80歳になる母、人工透析患者の父、重度の知的障害者の妹に代わって、部屋の掃除と戸棚の移動や整理、植木の移動や額の取替えを手伝ってきました。『ことしからは介護保険を使って、ヘルパーさんを頼もうかしら』と母。自分でできるのにやらずにもらえるものは何でももらおうとする人がいる一方で、

『人に頼まずにやれるのは、幸せだと思わなければいけないわね』

と、介護保険を払い続けている大和魂人間。プライドっていうのかなあ。

また火事で子供が・・・地元のニュースだった。

 24歳の母子家庭ですか。子供を置いてスノボに行くなとは言いません。24歳なら、私だって遊び盛りでした。市の子育て支援策を利用してくれたら、喜んで預かったのに・・・。子育て支援は結局子供の命を救ううものです。市は、もっと本腰を入れて広報活動するべきだ。ポスターの配色も掲示場所も、地味! 

鬼怒川に行ってきちゃった

 旅行はしないとか何とか言いながら、寝てもさめても仕事から離れられない旦那のために、鬼怒川に一泊しました。正月の山奥は安いんですよ。生まれて初めての温泉ホテルに娘は大喜びだった・・・のですが、翌日は雨の中を20分歩いて東武ワールドスクエアに行き、足を冷たい雨にぬらしながら場内を歩き回ったという、涙の行軍になってしまいました。この冬の雨の中、歩いている人なんて私たちだけだった。

前の晩に脱いだ洗っていない靴下に取り替えて、耐えた娘と、耐えさせた親

その夜、『乗り越えるうチャンスを与えてくださった神様に感謝しようね』と娘に言うと、娘は『アタックチャ~ンス!』と、こぶしを握り締めてました。

朝日の元旦付けを読んで

 団塊の世代とその子供たち(ロストジェネレーションというのだそうだ)が話題になっていました。60歳前後と25~35歳の人たちの話。私たち40代って、ちっとも取り上げてもらえないのね。がっかりだよっ、というか、チックショー! というか(小梅太夫もよろしくね)。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-01-07 10:25 | マイセルフ