生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ADHDについて

旦那のお客さんに、ADHDのお医者さんがいます。

  ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)

  注意力が欠けていて無秩序に動きが激しい特性、と自分なりに訳してみました(これでも翻訳の通信講座を受けた身である)。あの、障害、と言う言い方が好きではないので。

注意欠陥他動障害などといわれると、イコール学習障害児、授業中おとなしくしていられない子、という扱いを受けがちですが、お医者さんによると、これは脳の構造上の特性であって、病気ではないとのことです。

ちなみに小さい子は皆基本的にADHD。いわゆる『好奇心旺盛だねえ』ってやつですね。ある意味歓迎されるべき特性です。

これが何で障害になるのかと言うと、日本社会は一人一人の個性よりも、秩序が優先されるからなんでしょうね。


塾にもいました。自分の興味のあることになると目つきが変わるけど、それ以外の時には全然話を聞いてくれず、ごそごそしていたリ突拍子もない質問をしてきたり。

そういう子に限って頭はいい。あまり勉強はしないのに成績のいいやつっていますよね。それがこのタイプなんではないかしら。

私はそういう生徒が結構好きです。塾も学校も、子供にとってはただ学力をつける場所ではなく、楽しく学んで勉強を好きになるところだと思っていたので、教室を沸かしてくれる子は好きでした。

秩序を重んじる先生は『授業を引っ掻き回される』と敬遠していて、家庭のしつけがなっていないと批判していましたが。その子が伸びるかどうかは先生との相性なんだなあ、とつくづく思います。

悲しいことに、彼らは塾では成績がいいのに、学校では相変わらず『秩序正しい公務員の先生』に疎んじられているので、通信簿の成績はなかなか上がりません。

高校を中退した生徒は、『勉強は好きなんだけどね』と寂しそうに語ってくれました。


無秩序な生徒が平気なこの私も
、そのお医者さんによるとADHD的。旦那もそうだといわれた。当然子供もそのタイプかも。


我が子がADHDだと言われたら、ショックな親が多いと思うけど、それは、そういう特質の子だけにそういう『病名』をつけるからであって、教室で『きちん』と座って先生の話を『ちゃんと』聞ける子にも、特質として名前をつければすっきりするかもしれないです。

非ADHDは、周囲の変化に過反応せず、組織の決まりに素直に従える個性、といえばいいのでしょうか。


学校の先生のように、何が起こるかわからない(無秩序)なものを相手にする仕事は、それが平気なADHDタイプの人のほうが向いているかもしれません。

非ADHDタイプの人は、マニュアル通りにきちんとしないとこなせない仕事、に向いていると思います。


ADHDの人は片づけが下手だと言われます。それでもしつけによって多少改善することができるので、学校の先生たちも『家庭でのしつけがなっていない』とさじを投げずにがんばってほしいものです。


人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-28 11:14 | 好きな本

ADHDについて

書こうと思ったのに、お得意様への見積書と請求書の送付を私に託して、朝から旦那が出かけてしまい、わあい、封筒作ったらゆっくりパソコンしよっと思ったら、請求書の支払期限が2月10日になっているではないか!
もう2月は終わりなの! 昨日家中のカレンダーを自分でめくっていたではないですか!

電話入れて指示を仰いだら、パソコンのフォルダを引っ張って日付を直して範囲指定して印刷しなおしてくれ、だって。

パソコンはタイプ代わりにしか使っていない私に、そんな高度なことが・・ああ、ブログをやっている場合ではない。

人生はいつも挑戦の連続だ。あたって砕けろトライアンドフェイルである。なんか失敗してばかりだなあ。


私が前に座るとパソコンがフリーズするという言い伝えがある我が家、旦那は『無理なら俺が後でやるから』とおっしゃってくださったが(何か笑ってたなあ)、いんや、私にだって社長夫人としてのプライドがあります。やってやろうじゃないの。


というわけで、今からお仕事をします。


今日も昼飯抜きだ!



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-27 12:38 | マイセルフ
聖バレンタインデー、虐殺された聖人の日なのに、いつの間にやら日本では女が男にチョコレートを上げる日となっています。カトリック教徒の我が家では、聖なる宗教行事が日本の商業主義に毒されているのを苦々しく思っています。


なあ~~んていうのは冗談で、しっかりチョコの日になっています。


この日、パパは自宅のデスクの上に、娘からのチョコレートはあったが私からはなかったというので機嫌を損ねておりました。

営業先でもらわなかったの? 何、もらってきた? 若い女の子に? じゃあ、いいじゃん。


それにしても、大の大人が集う職場でも恒例行事となっているらしい、チョコのプレゼント。たとえ義理でもいいからぜひもらいたい、というのはどういう心理現象なんだろうか。以前働いていた塾で、行事としての義理チョコプレゼントを禁止させた頑固な私は考えた。

そうか。男って何かというと女にプレゼントばかりしていて、女に現物をもらうということがないからかもしれないなあ。バレンタインデーだけは、女から男に物をさし上げる日。だから義理でもギリギリでも何でもいいからくれ、となるのでしょうか。

ところでお返しのホワイトデーについて、オーストラリア人の女の子に現地の風習を聞くと、『お返しはピンクのランジェリー』だそうで、それは義理チョコの間柄ではありえないでしょう、と訊こうとして、『義理』の英語表現がわからずあきらめました。


さて、娘六歳は好きな男の子に差し上げていません。幼稚園に持っていくともらえない子がかわいそうですからね。

彼はクラスでもモテモテの男の子で、娘は友達同士で『私たち恋のライバルなの』とか言い合っております(どこまでわかってるんだか・・・)。


そのうち手作りの本命チョコでもつくりたがるんでしょうかね。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-22 11:36 | マイセルフ

またまた雨の中を・・・

今日は朝から雨である。旦那と娘は20分近く歩いて教会に行った。

風もあるようだ。娘には長靴を履かせレインコートも着せたから、正月の旅行のときのような騒動はないだろう。ただし、雨具は傘だけしかない旦那の方は、靴下ぐっしょりになる恐れあり。

娘の幼稚園は親が送迎するので、台風の日などは休む園児もいる。

上の子がいる家では、公立学校の開始時刻が遅れるので、一緒に休んでしまうケースもある。

悪天候のときは外を歩かせないかのような、公立学校の開始時刻の変更、いつから始まったのだろうか。

通学途中に何かあったらどう責任を取るのだ、という心配性な(あるいは、なんでも学校のせいにしたがる)親が増えてきたからだろうか。

私は、危ないかどうかは親が責任を持って自主的に判断すればいいことだと思っている。だから台風が接近しようと大雪であろうと、朝、何の音沙汰もない今の幼稚園が大好きである。

塾も、休みにはしなかった。当時の私は親たちには「どうしても来られないお子さんには、今日の授業内容をコピーしてお送りします」と話していた。

頑張って雨の中を歩いてくる中学生。

休みにしましょうよ、と主張する若い先生たち。

お酒を飲んで車で送迎ができず、電話で怒鳴ってくるお父さん・・・・。


激しい雷雨の夜、塾まで車で送ってもらったあるサッカー少年は、「どうして休みにしないんですか」と注文をつけた。その日は悪天候の中、国立競技場でサッカーの試合をやっていたのだ。

それを言うとサッカー少年は黙った。私の言いたかったことがわかっただろうか。



鉄は熱いうちに打て。

我に七難八苦を与えたまえ。

艱難汝を珠にす。


台風だろうが電車が止まろうが、会社は休みにならない。しかも日本は自然災害の多い国だ。子供の頃から自然にさらされてこそ、その危険も知り、乗り越えるすべも学べるものだと思う。

そういえば、小学生の頃、雷雨の中やっとの思いで学校についた私たちは、みんなで長靴の中に入った雨水の量を競い合っていた。


さて、私も行かなくちゃ、日曜朝市に。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-18 10:15 | 教育
日曜の朝のアニメ『あたしんち』で、暗い夜道でチカンにつけられていると思い込む女と、チカンと思われたくなくて困っている男が、話題になっていました。

チカンと間違われた男の人の話が映画になったりする昨今ですが、私も学生時代から、男たちから自意識過剰といわれて、女が被害にあってるのは確かなんだから、という議論を繰り返してきました。

さて、私の男友達は、こんな経験をしています。

夜道を歩いていると前を若い女が歩いている。こっちのほうが足が速いからすぐに追いつく。女は小走りになる。明らかに狙われていると思っているらしい。癪に障るので彼も走って、おびえた様子の彼女を追い抜いてやった

女性の方は冗談ではすまなかったでしょうけどね。私も狙われたリ絡まれたりという経験はありますから。


さて、わが娘に関しても、これから年頃になって変質者に狙われることが心配です(今でも心配ですが)。

そこで、うるさい母ちゃんの提言です。


あなたが成人しても、帰宅が遅くなったらお母さんは絶対に駅まで迎えに行くからね。もちろん、『もっと早く帰ってきなさいよ』という小言の一つは言うと思いますが。

それから、ブランド物の高いバッグは引ったくりに遭いやすいから、汚い残り布でお母さんが作ったダサいバッグを持ち歩きなさい。どうしてもかわいいバッグが持ちたかったら、そのダサいバッグに入れてね。

スカートをはいて電車に座るときはお膝をそろえること! それができないならスカートをはいてはいけません。

親は流行よりも、娘の身を守る方を優先しなくちゃね。


中国から来た留学生が、わが国では母親が娘に腰を冷やさないことを教えるが、日本人の若い人はなぜお腹を出すのか不思議だ、という投書がありました。


買ったときに比べて急に背が伸びた・・・まさかね。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-13 12:51 | 私流子育て
幼稚園のお迎えに向かう道で、ファミサポのお客さんである双子ちゃんのママが、両手に子供の手を引いて歩道を歩いていました。

できるだけ子どもの要求を叶えたいという主義で、いつも外出にはファミサポがついて、抱っこをせがんだら抱っこする、ということをしていたのですが、ママだけで外出すると、抱っこ要求にも応えられません。

一人がせがむと、もう一人がママを取られまいと涙の争奪戦になるので、ファミサポがいようがいまいが関係ないんですけどね。

双子だから普通のお子さんのようにママの愛情をタップリと与えられない、そんなことを負い目にしているようなママでしたが。

たとえば、一人がおねむになるとママを独占します。するともう一人も抱っこをせがむ。二人抱っこは無理だから、仕方なく一人は泣きながら、相手が眠ってママの体が空くのを待つのです。


で、子供をめぐる事件などを話すたびに、私はこんなことを彼女に言ってました。

この子達は大丈夫。こんな小さい頃から、常に勝ち残る、生き残るすべを体で学ぶ、という生活を強いられているのだから、どんなことがあってもくじけないわよ。

とか、

悔しい体験やつらい体験を子供に与えないよりも、それを乗り越えると願いがかなうのだ、という体験を積んだほうがいいよね、

とか。

一人っ子の娘には学ばせてやれなかったことです。

子供の要求を叶える育児にも限界があることを、ママも分ってきたようで、子供たちの方も諦めやら我慢ができる年頃になってきたのでしょう、ファミサポに頼らず、親子水入らずでお手てつないでお散歩をしている姿はとても嬉しいものです。

ある、メンバーが言いました。

よく、仕事が来ないといっている協力会員がいますが、仕事がないということはママの育児がうまくいってるということですから、いいことなんですよ。


つい、おこづかいほしさに、もっと頼まれないかなあと考えていた私は、そうだ、その通りだ、と思いました。

いくら、子供は社会が育てるもの、女はもっと社会参加を、といっても、子供にとっては母親が一番。大変なときにサポートする人がいて、後は親子の絆を深めてほしいと願う、これも、ファミリーサポートの役目ではないかと思います。


てことで、双子ちゃんの仕事が減りました

少し他の小遣い稼ぎ考えなくちゃね。



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-04 09:48 | 私流子育て

女の体は子育ての道具

ってのはどうでしょうか。いや、閣僚の発言ではありません。お産で一緒だったママ友達の発言です。

彼女は旦那さんの仕事の関係で、タイに住んでいます。去年クーデターなんかがあったので、どうしているかと心配しながら年賀状を出したら、相変わらずタイにいて、二人の子供は現地の小学生、すっかりタイの子供になりきった写真を送ってきました。

たくましいこと。いや、無事ならいいんですが。

まだ日本にいた頃、上の子が乳飲み子のときにディズニーランドに行ったそうです。行列に並んでいると子供が泣き出したので、彼女は立ったままおっぱいをあげました。当然衆人環視の中です。

そのとき思ったそうです。

女の体は、子育ての道具なんだなあ、って』

確かに。私も通勤電車の中で授乳しましたし、六本木ヒルズのロビーで授乳した友達もいます。泣かせたくないときにはおっぱいが一番便利です。

男の子育てが進んでいる北欧でも、パパの悩みは、

子供が泣いてもおっぱいをあげられないこと

だとか言ってましたから。

だからと言って、だめですよ、大臣あたりが、『女の体は子育ての道具』なんて言っては。当事者がいうからこそ実感があるんですからね。

女は子供を産む機械』発言。彼は彼なりに、品のないことを言ってでも女性には子供を生んで欲しい、その一念だったと思うのです(前後のやり取りは知りませんが)。

あんたね、そんなに意地にならなくても、子供を産んでいる女はたくさんいますよ、と言ってやりたいですね。子供と関わりのない職場で、女性と接してるから希望が持てないんですよ。

日本の大臣に品格は期待してませんが、生き物に向かって『機械』はないでしょう。子供だって、納税する機械ではないんですからね。国家というのは相変わらず国民を手駒のようにしか見ていないのだな。これじゃ戦争中の『産めよ殖やせよ』ですがな。


で、ブログ『打たれ強く生きる』ですから、言われたら言い返す、ってことで、

『じゃあ、男は年中発情期の種馬か?!

種馬発言は旦那が発信元です。

でも、生きているだけ、機械よりいいかも。悔しいっ!



人気blogランキングへ←カチッとお願い! 
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-02-02 16:05 | マイセルフ