生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

思いやりとは

父の死後、実家に行くと、ご近所の人から声をかけられる。

「何でもお手伝いしますから声をかけてくださいね」

大変ありがたい。ありがたいんですけど、大体そういう方々って、朝から晩までフルタイムで働いてたりして、助けて欲しくても声もかけられないのが現実。母も、戦前教育を受けた自主自立を重んじる人。大体亡父も、心臓が止まる前日まで自分で車を運転していたくらいだから、『SOS』を積極的に出せるような人間ではない。


私が女子大の寮で暮らしていた頃(かなり前の話ですけど)、ある老人から一枚の手紙がきた。

内容は、バスを使ってこの寮で降りる女子大生の方は、誰も年寄りに席を譲らない、というお叱りのお手紙。

その手紙を読んだ彼女たちの口から出た第一声が、


『譲って欲しいなら、そう言えばいいじゃない!』


同世代の彼女たちのこの言葉、今で言うなら『逆切れ』とも取れるこの反応に、私は若いながらも唖然とした。この人たちが今お母さんになって子供に『思いやり』を教えているのかと思うと、何をかいわんや、である。そこそこにレベルの高い女子大に通っていた学生がこれだもんね、という感じだ。

ちょっと想像力を働かせれば解ることだが、たとえば電車の中で優先席に座っているいかにも健康そうな若者だって、内臓疾患を抱えているのかもしれない、ということがある。やたらと譲ってくれと言うわけには行かない、やはり、こういうことは、親切をする側が積極的にその意思を表すべきものなのではないだろうか。


心の教育に関する市民へのアンケートで、最近の人に欠けているのは思いやりだ、という意見が一番多かったのが、これは自分に対して思いやりのある行動を示してくれる人が少ないと言う意味なんだろうなあと思う。そりゃそうだ。言われないと、席も譲ってくれないんだもん。


私なんか、なあ~んにも期待してないから、今の人たちに思いやりが欠けているとも思わないのだが、いわゆる、イライ(依頼)ザちゃんとか、イゾン(依存)ビ君にとっては、周囲の人たちが自分の思い通りに優しくしてくれないことをもって、『思いやりに欠けている』といっているような気がするのである。まったくの偏見だが。親切にされることが当たり前、で育ってきてるんだろうな。

『声をかけてくださいね』派の人々も、自分が不自由な立場になったら、きっと解ると思う。『依頼を依頼する』ことの大変さが。




人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-12-12 13:01 | 社会への一言

代理店の娘

我が家は広告代理店です。お客さんと出版社、制作会社の間に入って、あれこれ調整するのが仕事。わがままなお客さんとか口の悪い編集者とか、気の効かない会社員とか色々いるので、十人兄弟の中でもまれてたくましく育った旦那でも、ストレスためまくり。

家での言葉使いと、仕事中の電話での言葉使いだってぜんぜん違います。もう、別人。もちろん、仕事中のほうが丁寧で優しくて紳士的、と言う意味ですが。

さて、娘七歳。最近は友達との約束も勝手に電話して交わしてたりします。


「お母さんが出たらちゃんと挨拶するのよ。ため口はだめよ」
「はあい」

今日は、 Aちゃんのおうちで、Bちゃんも一緒にあそぶ約束をしてきたそうだが、Aちゃんのおうちに連絡をすると、なんでもCちゃんも遊びに来たいって言ってたから、ついでに連絡しておいて、と頼まれたらしい。

Aちゃんが自分ですればいいのに、そこはやはり代理店の社長令嬢、

「あ、Bちゃん? Aちゃんがもう来ていいって。でさ、Cちゃんて子もくるんだけどいい?(知らない友達がくると嫌がる子供がいるらしい)、それから、Aちゃんがね、弟も一緒に遊んでいいかって言ってるんだけど」

次。

「あ、Cちゃん? Aちゃんがもう来ていいって。でさ、Bちゃんて子もくるんだけどいい?(知らない友達がくると嫌がることもがいるらしい)、それから、Aちゃんがね、弟も一緒に遊んでいいかって言ってるんだけど」


気配りとお人好しは、父親譲りかも知れません。ただしそれは外での話。家の中ではやはり年齢相応にわがままでふてくされることもあります。あ、これも父親譲り、か・・・。

代理店の経営、旦那の後を、娘に継がせてもいいかなあ、借金だけは残さないように気をつけなくちゃ、なんてことを考えている母であります。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-12-07 16:11 | マイセルフ

父が他界しました

11月の連休中に、長い間人工透析をしていた父が、心筋梗塞のため自宅で急逝しました。

田舎というのは、新聞に死亡記事が全員出るんですよね。死亡した本人の口座は全部止められてしまうというので、あわててお金を下ろしに行ったら、その日は土曜日で銀行の窓口は開いていない、ATMは、50万円までしか下ろせない。月曜日には口座が閉鎖されてました。ガーーン!

世帯主が亡くなった場合、その生活にかかる公共料金などは全てその世帯主の口座から引き落としていることが多いので、口座が封鎖される前に全部引きおろすことが第一です。悲しんでいる場合ではありません。悲しみは後からいくらでもやってきます。

父の口座は、母や子供たちが相続の手続きをしないと支払ってもらえません。うわあ~ん、誰の金だと思ってるんだ! 年老いた母ちゃんと重度障害者の妹の生活費はどうなるんだ!

まあ、止まっちまったものは仕方がありません。相続は十ヶ月以内に手続きすればいいとのことです。次にやるべきことは、遺族年金の手配。これらはわれわれ主婦にとっては対岸の火事ではありません。今回はいい勉強になりました。

続いて生命保険の請求。父は葬式費用が出るくらいの保険に入っていてくれたので、これが出れば結構母は楽になると思うが、すぐには出ないものなので、やはり早めの手続きが必要。

葬式費用は香典でまかなうことができましたが、葬式に来てくれた人への車代とか食事代とかホテル代とか坊さんへのお布施とか、そういう現金が事前に必要です。

で、公共料金。

母は、送られてくる振り替え通知を片っ端から捨てているらしいので、どこに連絡すればいいのかわからない私。次の請求を待ちましょう、そのうち何らかの連絡がくるはずです、と母に言いました。

引き落としができないと、電気も水も止まっちゃうからね。

それから相続。結構税金がかかるので、放棄したいと言う意思表示があってもなくても、一応子供たちは全員相続に名を連ねて小分けしましょう。うまくいけばほとんど税金は取られずにすみます。

最後に注意点。

葬式費用は必要経費になるとか言ってヘタに確定申告すると

「香典、もらいましたよね、それは収入ですから申告してください

なんていわれて税金取られたりするので、個人は申告しないほうがいいそうです(葬儀屋さん談)


以上、父が死んだのに、お金の話ばかりしているせこい社長夫人でした。ああ、でも、なんだかこれまでとは周りの景色が違って見えます・・・。

皆様もお体お大事に。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
by chiyoko1960 | 2007-12-05 14:32 | マイセルフ