生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960
別の近所の友達の娘さんは、近くの公立中学である。彼女が小学校の時、ママは迷っていた。

公立中学は受験指導をしてくれないので、私立中学に入れたい、しかし、お金がない

で、私がお勧めしたのは、大手の塾の公開模擬試験への参加です。大手の塾なら、データーがかなりしっかりしてるので、テストの結果を見て、自分の偏差値や志望校への合格率などがわかる。参加したことで、それによって塾への熱烈なお誘いが来るかもしれないが、悪徳業者ではないから何とかなるでしょう。

私が勤めていた田舎の塾でも、夏期講習だけとか、模擬試験だけとか、選んでくるお子さんもいた。で、そういう子に限って、成績がいいのよねえ。成績がいいから塾に通う必要がないのか、塾に行ってなくても成績がいいと言うべきか。

とにかく、そういう子がうちの塾に入ってくれたら、地域で一番優秀な高校への合格者が増えて、実績が上るんだけどなあ~。私たちだって商売ですからね、もう、喉から手を出して勧誘しましたけど『却下』されました。

学校の通信簿や内申書というのは、正直言って受験のための判定材料にはならない。

★教師と生徒の相性が反映されることが多い(そんなことしてたら内申書に響くぞ、とか)

★高校受験は他所の学校の生徒との比較である。

受け持っていた生徒は、学校の先生との折り合いが悪くて、通信簿はオール3だったが、私が進めて、その地区ではトップクラスの高校に受かった。自分を貶めないでほしかったんだよね。

うちはどうするかって、やはり、私が塾を開いて娘に友達を勧誘させる。そんでもって、社長はホームページ作ってチラシ配りを担当する。一応会社の約款には入ってるのよね、学習塾。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2005-11-26 07:26 | 教育

年末調整

一応会社組織なもので、あるのです、年末調整が。ただし、薄給ですからね。私なんか殆ど無給ですし(ろくなことやってませんが)、社長(旦那)でさえ給料からサラリーマン控除とやらを差し引くと、納税額がゼロになるような状態ですからね。

年末調整というのは、払いすぎた税金を返してもらうためのものだから、払っていない人は関係ないのですが、勉強のために毎年税務署の説明会には参加しています。いつかは高額納税者になるんだからさ。はっはっはっ。

38歳で結婚して、一児を授かって、ドップリ専業主婦の世界に浸っていたら、ある年のクリスマスの日に、旦那がリストラに会ってしまった。年齢的にも再就職は難しい。幸い、会社の上司の覚えはめでたくなくても、外に人脈のある営業部マンだから、独立してやっていこうということになって・・・

で、私は経理担当になったのだけど、簿記の知識なんて全くないし、本を読んでもわからないところがわからないという状態だし、エクセルやったら吐きそうになるというような女ですから、まさに手探りでした。

初めて年末調整の説明会に行った時は、娘が一緒。肝心なところで退屈な娘が『母ちゃんおしっこ』とのたまい、そのたびに退席していたなあ。今は、楽です。

始めにDVDによる年末調整の説明がある。今日び、スライドじゃあないのね。会場は電気が消されます。なんか、高校時代の生物の時間みたいだ。スライド上映となるとみんな寝てたっけなあ。

で、この日も睡魔と闘いながらか、

『ここに出演しているタレントさん、言葉の意味わかって喋ってるんだろうか、わしゃ、ほとんどわからんぞ』

とか余計なことばっかり考えてました。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2005-11-19 08:12 | マイセルフ
五十嵐のおっちゃんから『げんき』最新号を頂いた。あのう、うちの娘もう五歳なんですけど。あ、いや、付録と別冊がすばらしいのよね・・・。

その別冊に載っていた小児科医の山田先生は、インフルエンザによく処方されるタミフルと、予防接種をしないそうです。

タミフルは怖い。解熱剤はすべて怖い。医者が言うんだからまちがいないよね。日本の医療はアメリカ式の攻撃的医療法なんだそうだ。どんどん薬を使う。

まだ、アメリカは医療費が自己負担なので、高い薬には歯止めがきく。でも、日本は保険制度が充実しているので、高い薬もバンバンと使える。ということらしいです。

この先生、ワクチンも打ちません。流行予想が外れたら無意味だし、副作用もあるから。医師になって40年、『温かくして安静に』患者にはこのアドバイスをしてきただけだとか。

先生はこうも言います。

医者のやれることって少ないよね。『心配だったらおいで。安心させてあげるから・・・』くらいの役割だし、小児科医って言うのは、そういうものなんだと思っているんだ。

涙が出るほど良心的ですね。儲からないでしょう。あ、本も出しておられるのですか


ちいさい・おおきい・よわい・つよい8周年スペシャル子育てぬけ道ガイド―特に母親に効く12の疲労回復トークライブ
毛利 子来 山田 真 / ジャパンマシニスト社
ISBN : 4880491403
[PR]
# by chiyoko1960 | 2005-11-17 16:02 | ニュース

精進料理

昨年から粗食に憧れて、研究とちょこっと実践している私ですが、先週から読んでいるのが、これ。

 
こころの食卓―精進料理をくらしの中で レシピ付
藤井 宗哲 藤井 まりこ / 日本放送出版協会
ISBN : 4140805544
スコア選択:

 
粗食も極めずに○ドナルドなどに行ってる私が、ついに精進料理にまで手を出しました。ああ、身の程知らず。もちろん実践はなかなか伴わないんですけど。

粗食もそうですが、こういう伝統的な料理のどこがいいって、

一つ、 金がかからない(この点が最も魅力的)。

二つ、 時間がかからない(忙しい主婦が作ってたものですから)

三つ、 体にいい(ようです)。

野菜のピーナッツ和えとか、ひじきのおすしとか、バナナのてんぷら抹茶がけとか、精進料理といってもおいしそうでしょ。

ほかに、我が家には『長崎の食事』という本があって、そこに出ていたのが、

大根とにんじんのゴマ味噌和え、にんじんとジャガイモの味噌炒め、と、これも立派な精進料理。

実はカトリック教徒の我が家では、世間がゆで卵で遊んでいる復活祭に、肉食ご法度の日というのがあるのです。なんだか禅寺のようですなあ。要するに精進料理を作ればいいのね。そういうこともあって、肉食厳禁の精進料理は我が家の課題でもあるのです。

という話をしていたら、旦那がいう。

『別にキノコのスパゲティでもいいんだよ』

そっか・・・。
[PR]
# by chiyoko1960 | 2005-11-15 22:54 | 好きな本