生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

子育てがラクになる本

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)
内田 樹 / / 新潮社
ISBN : 4106101122

若者の凶悪犯罪というのは、やはり家庭の役割が壊れていることが原因だと思う。

家庭は矯正の場でもないし切磋琢磨する場所でもない家庭は憩いの場なのである。メンバーが学校や仕事や社会の中で受ける心身両面での疲れをとる、家庭というのはそれで充分、親というのはそれができればいいのだ、と思っていた矢先に出会った本。

抜粋してみます。

『家庭での対話の基本というのは、「お腹減ってる? ご飯あるよ」とか、「お風呂入る? 沸いてるよ」とか、「眠い? お布団干しておいたよ」とか、そういう生理的な、快の提供と不快の除去というところにあると思うんです。それがクリアーで来たら家族としてはもう上等ですよ。
・・・(略)・・・
家族間で価値観を一致させようというような、できるはずのないことをしようとするから家族が綻びるんじゃないですか。』


これを読んで思い出した。

赤ちゃんは、お腹がいっぱいでオムツが汚れてなくて眠れればそれで満足
なのだと思っていた私に、教育学者の本を読んだ旦那が、赤ん坊の欲求はもっと奥が深いのだ、などと育児負担を更にふやしてくれたことを。

もう一つ。

『「やればできる」って死語にしたいね(笑)。子供に対して使ってはいけない言葉ってあるけど、その一つがこれ。逆でしょ。「あ、できたね」「え、何が?」でしょう、正しい順序は。
・・・(略)・・・
「お前、そんなことできるん?とかね。あるいは「へえー、そういうこと考えてるんや」っていうふうに。
・・・(略)・・・
大人の側が見せるその驚きが子どもには必要なんです。子どもの喜びっていうのは大人に敬意を払われた、大人に一目置かせたという経験なんですよ』


成長振りを驚嘆してればいいんだ、教育って。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
  
  
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-07-11 11:16 | 好きな本

メタボ検診

40歳から74歳の方に、ってことできましたね、特定健康診査。生活習慣病の前段階である内臓脂肪症候群の状態(メタボ)の人や予備軍を選んで、保健指導を行うというもの。

要するに、食いすぎて病気になる人のために、貴重な保険を使って、食いすぎるな、とか運動をしましょうとか言ってくれるだけという、有難い制度なのですね。検診を受けたからといって薬や治療法があるわけではないし。

地球上では毎日二万人以上の人が飢え死にしているというのに、自給率の低
い日本ではその自給率とほぼ同量の食料が廃棄されていて、自制心のない人
間が食いすぎて病気になって保険を使っているわけですよ。

『健康のため食いすぎに注意しましょう』、これだけのことを言うのに、お金使わないでくださ~い。

まあ、財源を管理している国がやるっていうんだから仕方ありません。私たち夫婦にできることは、そろってこの検診を拒否して少しでも国保財源の確保に努めつつ、食事をケチりたくさん歩いて余分な脂肪を消費することです。


今年の夏こそ水着も着たいし(ウエストより腰周りが問題な母)。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
  
                                       
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-07-02 15:20 | 社会への一言

エスカレーター

何かと移動の多い昨今、先日は関西方面に法事で出かけた。

話には聞いていたが、やはり東京のエスカレーターでは歩く人は右側通行で、大阪のエスカレーターでは左側を歩く人に譲っていた。東京と大阪の違いを実感して満足するついでに、名古屋ではどうなっているのだろうというしょうもない疑問が生じた。

誰か教えてください。

ところで私が住んでいる町の駅では、エスカレーターでの歩行は禁止である。ちゃんとステッカーが貼ってある。

もともとああいう器械というものは足の悪い人のためのものだから、歩かない人はどちら側に立ちましょうなどという常識はありえない。歩きたい人は駅ならばたいていの場合並行して設置されている階段を上ればいいのである。

小さな子供がエスカレーターに足を挟まれる事故というのも、子供は中央に立たせましょうという注意書きがあるにもかかわらず、無遠慮に駆け上がってくる大人に気遣う母親が、我が子をなるべく端っこに立たせようとすることも原因の一つだといわれる。

都心の、階段のない場所ならいざ知らず、子供連れがいるような場所では忙しくて足の丈夫な大人はぜひ階段を利用して欲しいものだ。

エスカレーターを歩くという習慣は、海外旅行帰りの人間が持ち込んだ文化だという話も聞くが、成田駅で遭遇した白人の集団は横に並んで立ち止まっていた

後ろについてしまって、歩きたいが何も言えない人々がイライラしているのを楽しく観察しながら、私は心の中で、

階段使えばあ~?

 とクレヨンしんちゃんの声で呟いていた。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
    
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-05-25 10:25 | 社会への一言

個人的に、ファサポ通信

家族に代わって子育てを支援する有償ボランティア。有難いことに今年も定期でお仕事をもらっています。内容は学童保育に通っている子供のお迎え。両親が働いているので子供を学童に預けていて、残業などで迎えに来れない家庭の支援です。

市としては男女共同参画型社会推進事業の一環らしいのですが、私の仕事は父子家庭の子供が相手。パパの帰りが遅いので、少し離れたおばあちゃんの家まで送り届ける仕事。

これがなかなか手ごわいガキで、時間オーバーはしょっちゅうです。何せ寄り道はする、よその家の塀には登るその上を歩く迂回する、道路に座り込む、と毎回ハプニング続出。

家族の方はよくわかっておられて、私に対して平身低頭なのですが、これは仕事ですからね。大変だからこそお金がいただけるのです。それにこういう一筋縄でいかないガキって私大好きなので。

先日は珍しく、寄り道なし、塀登りなし、迂回なし、で帰ってきて、ばあちゃんに報告している間に、ガキは自転車で出かけてしまったのです。まあ、一応仕事は終わりなので帰りましたら、途中我が家の近所、学校の近くで、自転車に乗ったガキを発見。何をやっとるんだ、おまえは!

「おばあちゃんのところにちゃんと帰るんだよ」
「うん」
「気をつけてね」
「バイバアイ」

笑顔で別れましたが、私は一体何のために彼を学校からばあちゃんの家まで送っていったのでしょうか。お金もらっていいのかしら、と思える仕事でした。


やはり彼は手ごわい。
   
追記

きつく叱らないのかというご意見もあろうかと思いますが、少年犯罪の本を読んで、パワーのある子供を幼少期に禁止ばかりしていると、思春期に爆発することがよくわかりまして。目が届くうちに小爆発をさせておくのも大切なんだな、と思っているた私です。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-04-25 13:27 | マイセルフ

男子の制服も短いのね

福岡の中学校で校内暴力が理由で二名逮捕というニュース。

原因は校長先生の湯飲み茶碗を割ってロッカーを倒した、ということで、校長先生は教師から事情を聞いただけで生徒と直接話をしないまま、警察の力を借りてしまったようです。釈放された後が怖いな。

で、卒業式の当日ワイドショーのカメラが校門の前に行くと、八名の凄い中学生、胸の下までしかないような短い詰襟と、ボンタンズボン(懐かしいっ)、髪の毛はもちろん茶色、靴は白いエナメル、中には裸にさらし巻いてるのもいて、確かにこれが中学生? よくぞ卒業式に出してもらえたね、といいたくなるような連中です。

卒業式は警備員の警戒の元で無事に終了。式場から出てきた八人は、待っていたテレビ局の兄さんからマイクを取り上げて、高らかにスピッツの「空も飛べるはず」を熱唱していました。

テレビ局側は荒れる中学校の現場をお茶の間に配信したかったらしいが、テレビに出ていたコメンテーターの、

「マイクなんか向けたらヤツラの思う壺ですよ。男が上がりますもの」

「僕が中学校の時の卒業式には、校庭にパトカーが数台止まってましたよ」

「僕の中学校は機動隊ですよ」

「卒業式の翌日なんて校舎の窓ガラス全部割られてました

という武勇伝が始まっちゃって、ちょっと局の思惑と外れちゃったみたいです。

亡父の頃は先生へのお礼参り(ご想像にお任せします)もあったし(尼崎)、私の頃も大阪では窓ガラス総割れは年中行事だったらしい。

引越し先の田舎の学校ではそういうことがなかったです。大人なんですね田舎の子は。大人というのは自分でやったことの後始末を自分でできる人のことなのでしょう。何しろ田舎ですから。何かへまをしても自分で解決するしかないですから。壊したら自分で治す、火がついたら自分で消す、大人も子供もそれが当たり前でした。

今、藤井誠二さんという少年事件が専門のノンフィクションライターの作品にハマっていて、こういう子供を作ってしまうのも親なんだよなあ、としみじみ思いながらテレビを見てました。

17歳の殺人者 (朝日文庫)
藤井 誠二 / / 朝日新聞社
スコア選択:

人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-03-16 09:55 | ニュース
女子高生のミニスカートが定着した今日この頃、下半身冷やして身体に悪いよなあ、という健康面を気にしていた将来の女子高生を抱える高齢の母。先日あるエッセイに女子高生のファッションについて触れているのを発見しました。

その筆者は、電車の中で彼女たちがミニスカートの下にジャージを重ね履きしているのを見て文句を言っておられました。寒いのなら長いスカートを履けばいいのに、と。でも不況ですからね、制服屋さんもなかなかスケ番恐子みたいな長いのを勧めてくれないんですよ。実際。

そうです。彼女たちは寒いからジャージを履いているのです。格好悪いこともまた注目の理由になったりしますから、一石二鳥なんでしょう。

私の田舎ではそれほど珍しい姿ではなく、結構前から見かけてました。ま、確かに身体にはいいかも。下着も見えないし。今の若い人って合理的だよね。

背広ネクタイが定番でクールビズにもかなり抵抗のあった旦那は、文句たらたらです。


アレがスカートか。まるでフリルじゃないか(バレリーナ、みたいな)。ジャージなんて色気も何もない。何なんだあれは」


色気がない。いいではないですか。女子高生が色気を振りまく必要はありません健康第一安全第一です。私の老母だって(戦前の話ですが)、スカートの下に女の子用のズボン下をはいていて、男の子から冷やかされたという経験を持っています。からかう方が悪い。ふん。


ところで今朝のニュースによると、ハワイの空港に朝青龍が、着物ではなくアロハ姿で現れたことに批判的な見出しが付いていました。殺人事件の被害者宅に取材に行く記者たちがどれだけ喪服を着ているか疑問ですが、は現地では公式の服装です! とハワイファンとして一言言っておきたい。

褌一つでテレビ放映されているのが相撲です。初のイギリス場所ではパンツを穿け、って言われたぐらいなんですよ。アロハの何がいけないのか、相撲界にそういう決まりがあるのかどうか知りませんけど、マスコミが批判するのはお門違いだと思います。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
   
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-02-27 09:37 | マイセルフ

イージス艦の衝突事故

またやってしまいましたね、海上自衛隊。「なだしお」の教訓が活かされてないって、何が一番活かされてないかって言うと、被害者を救助するという行動が取れなかったことですかね。道路交通法違反ですよ。ひき逃げですよ。自衛隊には無いんですね、そういうマニュアル。

そりゃ私だって、日本の自衛隊が国民を守るためものだなんてハッピーな考えは持っていません。でも,せめて、有事でもないのに、国民に危害加えるって言うのはやめてもらえませんかね。沖縄のアメリカ兵以下ですよ。

予算の無駄遣いといわれないように、陸自は地震や大規模な事故の際には出動して、生存者の救出(遺体の搬出)や復旧作業に当たっているのです。海自も、みんなで海に潜って捜索するぐらいの根性が欲しい。泳げなくても大丈夫ですから。

もっとも彼らが即座に救助に当たれないのは、上官の命令でしか動かないという教育を受けているからという話が「なだしお」の時にもありましたからね。また実際には兵士がそれぞれ個性的な動きをしては困るんで、それはそれでわかりますけど。

しかも現地に向かった防衛庁長官の公用車が、交差点で右折しようとして直進車と衝突したそうですね。けが人はなかったそうですが、さすがの私も笑うに笑えませんでした。


人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
                                        
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-02-21 09:47 | ニュース

インフルエンザ

昨年の暮れに、娘七歳がインフルエンザにかかってしまって、大事なスペシャル給食デーと終了式を休んでしまった。残念である。あの噂のタミフルで、一時解熱したが、薬効が切れるとまた発熱。40度の熱に、普段は落ち着きのない娘もずっと寝ていました。

一家そろって予防注射は受けていない。しかし、同居している私たちは感染しなかった。感染していても症状がでなかったということもある。『鈍感力』の勝ち? みたいな。

先日テレビで新型インフルエンザの流行で、世界の一億人以上の人間が死ぬであろうという予測をやっていて、それに関するドラマも見た。

最後には人間が勝利して大東京は救われる、という「めでたしめでたし」なクライマックスを期待していた娘は、そうはならないでとにかく頑張りましょう、で終わってしまったそのドラマに、いささか不満気味ではあった(そんな遅くまで大人と一緒になってテレビなど見てるからインフルエンザになるんだと、いわれるかもしれないな)。

薬もない(全世界の七割以上のタミフルを日本人が使っていると言う話)。どこからくるかもわからない。もう蔓延するだけ蔓延して、体力のある人、運のいい人だけが生き残って流行が収まるのを待つしかないんだろうな。それも自然と言えば自然なのかもしれない。

金持ちと国会議員だけに優先的に特効薬がいきわたって、彼らだけが生き延びる、なんて結果よりはずっと納得できるけれどね。
                  



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2008-01-13 10:21 | ニュース

思いやりとは

父の死後、実家に行くと、ご近所の人から声をかけられる。

「何でもお手伝いしますから声をかけてくださいね」

大変ありがたい。ありがたいんですけど、大体そういう方々って、朝から晩までフルタイムで働いてたりして、助けて欲しくても声もかけられないのが現実。母も、戦前教育を受けた自主自立を重んじる人。大体亡父も、心臓が止まる前日まで自分で車を運転していたくらいだから、『SOS』を積極的に出せるような人間ではない。


私が女子大の寮で暮らしていた頃(かなり前の話ですけど)、ある老人から一枚の手紙がきた。

内容は、バスを使ってこの寮で降りる女子大生の方は、誰も年寄りに席を譲らない、というお叱りのお手紙。

その手紙を読んだ彼女たちの口から出た第一声が、


『譲って欲しいなら、そう言えばいいじゃない!』


同世代の彼女たちのこの言葉、今で言うなら『逆切れ』とも取れるこの反応に、私は若いながらも唖然とした。この人たちが今お母さんになって子供に『思いやり』を教えているのかと思うと、何をかいわんや、である。そこそこにレベルの高い女子大に通っていた学生がこれだもんね、という感じだ。

ちょっと想像力を働かせれば解ることだが、たとえば電車の中で優先席に座っているいかにも健康そうな若者だって、内臓疾患を抱えているのかもしれない、ということがある。やたらと譲ってくれと言うわけには行かない、やはり、こういうことは、親切をする側が積極的にその意思を表すべきものなのではないだろうか。


心の教育に関する市民へのアンケートで、最近の人に欠けているのは思いやりだ、という意見が一番多かったのが、これは自分に対して思いやりのある行動を示してくれる人が少ないと言う意味なんだろうなあと思う。そりゃそうだ。言われないと、席も譲ってくれないんだもん。


私なんか、なあ~んにも期待してないから、今の人たちに思いやりが欠けているとも思わないのだが、いわゆる、イライ(依頼)ザちゃんとか、イゾン(依存)ビ君にとっては、周囲の人たちが自分の思い通りに優しくしてくれないことをもって、『思いやりに欠けている』といっているような気がするのである。まったくの偏見だが。親切にされることが当たり前、で育ってきてるんだろうな。

『声をかけてくださいね』派の人々も、自分が不自由な立場になったら、きっと解ると思う。『依頼を依頼する』ことの大変さが。




人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-12-12 13:01 | 社会への一言

代理店の娘

我が家は広告代理店です。お客さんと出版社、制作会社の間に入って、あれこれ調整するのが仕事。わがままなお客さんとか口の悪い編集者とか、気の効かない会社員とか色々いるので、十人兄弟の中でもまれてたくましく育った旦那でも、ストレスためまくり。

家での言葉使いと、仕事中の電話での言葉使いだってぜんぜん違います。もう、別人。もちろん、仕事中のほうが丁寧で優しくて紳士的、と言う意味ですが。

さて、娘七歳。最近は友達との約束も勝手に電話して交わしてたりします。


「お母さんが出たらちゃんと挨拶するのよ。ため口はだめよ」
「はあい」

今日は、 Aちゃんのおうちで、Bちゃんも一緒にあそぶ約束をしてきたそうだが、Aちゃんのおうちに連絡をすると、なんでもCちゃんも遊びに来たいって言ってたから、ついでに連絡しておいて、と頼まれたらしい。

Aちゃんが自分ですればいいのに、そこはやはり代理店の社長令嬢、

「あ、Bちゃん? Aちゃんがもう来ていいって。でさ、Cちゃんて子もくるんだけどいい?(知らない友達がくると嫌がる子供がいるらしい)、それから、Aちゃんがね、弟も一緒に遊んでいいかって言ってるんだけど」

次。

「あ、Cちゃん? Aちゃんがもう来ていいって。でさ、Bちゃんて子もくるんだけどいい?(知らない友達がくると嫌がることもがいるらしい)、それから、Aちゃんがね、弟も一緒に遊んでいいかって言ってるんだけど」


気配りとお人好しは、父親譲りかも知れません。ただしそれは外での話。家の中ではやはり年齢相応にわがままでふてくされることもあります。あ、これも父親譲り、か・・・。

代理店の経営、旦那の後を、娘に継がせてもいいかなあ、借金だけは残さないように気をつけなくちゃ、なんてことを考えている母であります。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-12-07 16:11 | マイセルフ