生母による虐待、いじめ、未亡人、交通事故、リストラ、いろいろあって、今は主婦作家を目指す、アラフィーです。


by chiyoko1960

父が他界しました

11月の連休中に、長い間人工透析をしていた父が、心筋梗塞のため自宅で急逝しました。

田舎というのは、新聞に死亡記事が全員出るんですよね。死亡した本人の口座は全部止められてしまうというので、あわててお金を下ろしに行ったら、その日は土曜日で銀行の窓口は開いていない、ATMは、50万円までしか下ろせない。月曜日には口座が閉鎖されてました。ガーーン!

世帯主が亡くなった場合、その生活にかかる公共料金などは全てその世帯主の口座から引き落としていることが多いので、口座が封鎖される前に全部引きおろすことが第一です。悲しんでいる場合ではありません。悲しみは後からいくらでもやってきます。

父の口座は、母や子供たちが相続の手続きをしないと支払ってもらえません。うわあ~ん、誰の金だと思ってるんだ! 年老いた母ちゃんと重度障害者の妹の生活費はどうなるんだ!

まあ、止まっちまったものは仕方がありません。相続は十ヶ月以内に手続きすればいいとのことです。次にやるべきことは、遺族年金の手配。これらはわれわれ主婦にとっては対岸の火事ではありません。今回はいい勉強になりました。

続いて生命保険の請求。父は葬式費用が出るくらいの保険に入っていてくれたので、これが出れば結構母は楽になると思うが、すぐには出ないものなので、やはり早めの手続きが必要。

葬式費用は香典でまかなうことができましたが、葬式に来てくれた人への車代とか食事代とかホテル代とか坊さんへのお布施とか、そういう現金が事前に必要です。

で、公共料金。

母は、送られてくる振り替え通知を片っ端から捨てているらしいので、どこに連絡すればいいのかわからない私。次の請求を待ちましょう、そのうち何らかの連絡がくるはずです、と母に言いました。

引き落としができないと、電気も水も止まっちゃうからね。

それから相続。結構税金がかかるので、放棄したいと言う意思表示があってもなくても、一応子供たちは全員相続に名を連ねて小分けしましょう。うまくいけばほとんど税金は取られずにすみます。

最後に注意点。

葬式費用は必要経費になるとか言ってヘタに確定申告すると

「香典、もらいましたよね、それは収入ですから申告してください

なんていわれて税金取られたりするので、個人は申告しないほうがいいそうです(葬儀屋さん談)


以上、父が死んだのに、お金の話ばかりしているせこい社長夫人でした。ああ、でも、なんだかこれまでとは周りの景色が違って見えます・・・。

皆様もお体お大事に。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-12-05 14:32 | マイセルフ
夕べ九時ごろのこと。マンションの外から女性の悲鳴が聞こえました。

いつもそこは若い男女が騒ぎながら通るので、ちょっと躊躇したのですが、ベランダを開けて「どうしたんですか?!」と怒鳴り、目を凝らすと、マンションの真下の暗い路地で、若い女の子がひいひい言ってました。

「大丈夫?」と尋ねると、とはいえうちはマンションの最上階(坂になっているので高さにしては六階ぐらい)なので、声の主はわからぬようでしたが、彼女は、追いかけられた、とか言ってました。

通りに面した家の、誰にでも挨拶をしてくれるおばさんが出て来てちょっと様子を見てくれましたが、女の子は多くを語れずによろよろと自分の家に帰っていきました。わかるなあ。

しかし、六十世帯はあるこのマンションの住民が、他に誰も行動を起こしていなかったのがやり切れません。声をあげるだけでも監視の効果はあるのに。

ある人の話では、外で助けを求める時には「助けて!」ではなくて「火事だ!」と叫んだ方がいい、とのこと。みんな自分のことしか考えてないんですね。


今日から、娘達のにぎやかな集団下校の声が聞こえてきたら、私はロビーまでお迎えに行く事になりました。エレベーターも廊下も、誰もいませんからね。こういうところを、悪い人は狙っているのです。


何しろ週に一度は、学校から不審者情報が来ますからね。防犯パトロールなんかあっても、その隙が狙われるもの。やはり気が抜けません。

ま、運動がてらせっせとお迎えに行きましょう。




人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-10-18 11:05 | 社会への一言

デマ携帯メール

『スーパーのトイレで幼児にイタズラ』という話、私も友達から聞きました。携帯は持ってないので口伝ですけど。現場は、時々行ってた大型スーパーのトイレ。


内容の真偽を確かめる電話が殺到して出した、スーパー側のコメントが、

「事実無根。安心して買い物をして欲しい」

ということで、安心して買い物はしますけど、じゃあ、安心して子供を一人でトイレに行かせていい、ということにはなりません。

このメールが本当なのか、本当にデマなのか、はわかりません。

まず、ニュースの出所がわからない。こういう性犯罪は、被害者のプライバシーを尊重して外にでないのが普通ですから(警察に問い合わせても教えてくれません)、被害者の親が発信したのか? ということになるけど・・・やるかな、普通。

次に。スーパーに問い合わせたって真実は語ってくれません。それは、相撲部屋の親方が自分の弟子への暴力はなかったと言うのと同じなのであり、あるいは、元軍人が沖縄での集団自決の強制はなかったと言うのと同じなのです。


テレビでコメントしていたメールを信じたお母さんは、実際に公園で子供がトイレに連れ込まれそうになった現場を見ているので、もしかしたら、と思ったそうですから、あってはならないことですが、ありうることだと思います、私は。


メールの内容が真実かどうかということよりも、そういうこともありうるから、気をつけましょう、という態度こそが、親としては大切なのではないでしょうか。危ないのは名指しされたスーパーだけではのですから。子供にとってはどういう場所が危険なのか、そういうことを把握しておくのが、今一番求められているのではないでしょうか。


スーパー側が『絶対に大丈夫です。うちではトイレにも防犯カメラを付けてますから』と言ってくれたら、私は安心しますけど、それはありえませんよね。




P.S. 最近視力ががた落ちしているので、字が大きくてスミマセン。 



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-10-12 10:39 | ニュース

サバが好きです

東京海洋大学の研究チームが、ヤマメの両親にニジマスを産ませたそうです。代理母出産らしいですが(10月7日付け朝日新聞『天声人語』)。研究者は『五年後にはサバからマグロを」語っておられるそうですが。


我が家はサバが好きです。


なんで、それほどまでにマグロが珍重されるのかわかりません。マグロが高騰すると、それで営業しているお寿司屋さんはともかく、なんで家庭の食卓が大騒ぎになるのか、という報道もよくわかりません。


多分、あまり獲れないから(養殖してるくらいだからね)価値があるんだと思いますが、生のそれぞれをただ塩を振って焼いて食べた時サバマグロのどちらがうまいか、と言われると、私はサバの方に軍配を上げたい。


近海で取れる、イワシ、サバ、アジ。生でも食えるし、焼いても美味しいし、煮てもいい。養殖ではないから、変な飼料は使っていないし安いし、青魚ってことでDHPは豊富だし(って、あまり考えてないけど)。いいじゃん、わざわざマグロにしなくたって。


ま、自然の姿をそのままに、なんて言ってたら、今の世の中の殆どの人が失業してしまいますからね、特に研究者などという方は。このプロジェクトは、我々消費者のためではなく、研究者のための話ってことで・・・。
 



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-10-07 09:33 | ニュース

 寡黙な男が好き

 二学期が始まり、娘七歳は朝七時五十分に登校班の兄ちゃんたちと、学校に出かけます。ただし、六人のメンバーが全員揃うのを行儀よく待っているような輩ではありません遅く来た子が困るようにかくれんぼをする、これが彼らの間での毎朝の慣習です。

 ただし、六年生の班長さんが遅い時はかくれんぼはしません。怖いんでしょうね。身体は大きくないのですが、寡黙なタイプで静かな威厳があると言いましょうか。で、今日は班長を交えてのかくれんぼ。メンバーのうちの二人は完璧に隠れて姿が見当たりません。

 登校班のメンバーが揃ったのを見て、班長さんがまだ隠れているメンバーを無視して出発しようとするので、私が

「班長、ちゃんと呼ばなくちゃ」

と注意すると、彼は大声で

「お~い、置いてくぞ!」 

自分もやってたくせに、ずいぶんと偉そうですわね。

 でもこの口数の少なさがまたステキです。旦那に話すと、「お爺ちゃん譲り(三世代同居)なのかな」と言います。最近の饒舌なパパたちにも、この静かな威厳というやつを身につけてもらい、父性の復権を是非実現して欲しいものです


他人事ではない・・・。
 



人気blogランキングへ←カチッとお願い!                     
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-09-05 13:22

夏休みどっじボール大会

八月二十五日、「育てる会」が主催の小学生のドッジボール大会がありました。市内の小学生が八チーム参加して、娘のチームが優勝。娘の学校からは四チームも参加して、午前の部午後の部とも、優勝、準優勝を、その四チームで掻っ攫ってしまったのです。

「私頑張ったんだからね!」

と娘は言いますが、一年生の彼女は外野と応援だけで、特に何も活躍はしていません。

チームは一年から三年までの男女混合ですから、勝つためには力のない一年の女子が戦力外通告されるのは当然のことです。

親としては、何だ? と思いますけど、娘はそれなりにボール拾いを頑張り、精一杯声援を送っていたわけですから、確かに、頑張ったんですよね。

結局は、ちっともボールに触れなかった彼女ですが、来年どうすると聞いたら、絶対に参加すると申しております。そう、お母さんはその一言が欲しかったんですよ。


練習日初日。

ドッジボールといえば、幼稚園の庭でやっていた転がしドッジしか知らなかった娘は、三年生を狙った男の子の剛速球が腕にあたり、大泣きしたそうです。翌日、お世話をしてくれているお母さん達から、

「そういうことが経験になって、夏休みが終わる頃には強い子になっていますから」

と励ましの言葉がありましたが、いわれるまでもなく、彼女をこの大会に参加させたのはそれが目的でしたから、はげましながら見守ってくださるお母さん達には感謝しています。

多分、優勝できたのは、子供たちの力も勿論ですが、そういう強い心を育てたいというお母さん達がこの学校にはあふれている、というのが大きな要因ではないかと思います。

甲子園の選手だって、活躍できるのはほんの一部。有名校になるほど、日の当たらない場所に選手達はうじゃうじゃいる。ベンチ入りどころではなく、応援席でメガホンを振っているだけで終わってしまうのです。


娘には来年も再来年もチャンスはある。若いうちにいろいろ経験するというのは、やり直しができるからいいですね。

私も若いつもりです。やり直しばかりですけど・・・。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-08-26 09:41 | 私流子育て

子供の事故

九州の保育所で、二歳の子供が車の中に三時間も置き去りにされて亡くなった、という事件がありましたが、加害者が、パチンコ中のどうしようもない親ではなく、資格のある保育士さんたちだったところが問題です。


この保育所には、幼児救命救急士というのが常駐していて(国家資格ではない)、子供が発見された時にもいたらしいのですが、そういう人の存在が逆にあだになって、救急車の手配が遅れたのかもしれません。

何とかなると思ってしまったんでしょうか。応急処置とか蘇生術というのは、救急車が来るまでの場つなぎに過ぎないんですけどね。なまじ資格があるばかりに頑張ってしまったのかもしれません。


私もそう。自分で何とかしようとするタイプで、夫は全くの逆。

救急車を呼ぶのが遅れて、結果として未亡人を経験した私と、飲み屋で友達が倒れ、すぐに救急車を呼べと怒鳴ってその人の命を救った旦那。


それにしても、大勢の子供を預かっている人間が、人数の確認もしないというのは怠慢で、多分こういう人たちはマニュアルがあっても途中からやめてしまうのでしょうね。多分犠牲者が出るまで。


この保育所には、ベテラン(保育士としてではなく人間として)の方はいなかったのでしょうか。優秀な若い人ばかりだと、失敗経験が少ないので、いざという時に頭が動かないんですよね。そういった世代間のコミュニケーションの欠如も、子供を取り巻く事故の増加の要因だと思います。


私も、人様の子をお預かりする仕事に関わっていて、救命救急講座も受けているのですが、何度やっても覚えません。きっと潔く救急車を呼べる謙虚な人間になれるようにとの、神様の思し召しかもしれませんね。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-07-31 13:39 | ニュース

初デート?!

夏休み前のことですが、市の児童センターで、ドラえもんの映画があるというので行って来ました。勿論ただです。何しろ『出口のない海』も『ガメラ』も、ただで見た私達ですから・・・。

会場に行くと、近所の三年生の男の子が来ていました。同じ通学班の子で、娘七歳が、よちよち歩きの頃からのお付き合いです。とても感じのいい子で、いつもニコニコして可愛い挨拶をしてくれます。

『一人?』
『パパは外で待ってる』
『お兄ちゃんは?』
『塾。あ~~、○○(同級生の名前)が来るって言ってたんだけどなあ』
『こんな暗くちゃ見つからないね』

で、映画が始まると、娘七歳と彼は体育座りをして並んでご鑑賞。映画の内容についてでしょうか、時々彼が娘に寄り添って耳打ちをしています。その姿のほほえましいこと。娘の初デートは映画館か。ま、妥当なところですね。

まだ真剣に見ている娘と違い、そろそろ飽きてきた三年生は、そのうちに床に寝そべり、時々娘をつついたり擦り寄ったりとちょっかいを出し始めました。娘はそれはそれは恥ずかしげに、上半身をくねらせて困ったように笑っている。

私の反応を気にしてか、三年生がこちらをチラッと見るのですが、こういう問題は本人同士で解決するものだと思っている私は、

『まあ、仲がよろしくてようござんすね』

といわんばかりの微笑を返していたので、叱られないな、と判断した彼と、ちょっと困るんだけど断りたくないくねくね娘との間で、しばらく攻防が続いていました。

暗い映画館(体育館ですが)で、いちゃついているとしか思えない二人父ちゃんが来なくてよかったです



人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-07-29 09:41 | 私流子育て
私は中学生の頃友達から「だっちょ」と呼ばれていた。

これは、私が「脱腸」という病気だったせいではなく、旧姓の最後に「だ」がつくので、そこに「ちょ」をつけて呼ばれたのだ。今で言う「ぴー」みたいなものか。

だが、どう聞いても、「脱腸」にしか聞こえない。球技大会のときに珍しく活躍した私に向かって級友たちが、

いいぞ、だっちょ~、がんばれ~

と大声で声援を送ってくれたのは恥ずかしかった。病人に活躍させるなよ。

友人の1人は「もと」で終わる苗字なので、最後の「と」を省略して「ちょう」をつけて、これまた「もうちょう」と呼ばれていた。はじめは怒ってたけどね。

ひどいのは、「内」が付いてた子。「ウ」で留めて呼ばれていたのだが、ある日ある友人が、

「今日○○ウのうちに行くね」

と言うつもりが、

「今日○○ウんちに行くね」

と言ってしまい、それ以来「ウンチ」と呼ばれることになってしまったのである。あんまりである。

しかし、あだ名と言うのは、差別用語とか、いじめと同じで、それを使っている関係性の中でよしあしを判断しなければならない。私達はそういう呼ばれ方をされても、親しい間柄だったので、

「何を言われても、悪気とか敵意はないんだよね」

と言う了解が行き渡っていたのである。口汚い環境の中で、こういう鍛えられ方をしていると、世の中に出たときに、多少怒鳴られたくらいで落ち込んだりキレたりはしないものだ、と、私は信じている。

友達をウンチ呼ばわりした彼女は、その後慶応大学に現役合格し、同窓生と結婚して子育てもひと段落して出版社を経営していたりする。つくづく子供の頃におおらかな生き方をした人ほど、将来も広がるのではないかと思うのである。

娘七歳は、幼稚園時代からのクラスメート(♂)と、顔が合えば「気持ち悪い」と言い合っている。眉を潜めるおかあさんもいらっしゃるのだが、基本的には子供同士の問題だと思うし、こういうことが言い合えるというのは、見方を変えれば、心を許しあっているということなのである(本人に確認済み)。


皆さんはどんなあだ名で呼ばれていましたか。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-07-13 13:09 | マイセルフ

電車が止まった!

たまたまその日、田舎から上京した知人の母親が、先日の大宮の架線事故に巻き込まれて、銀座に出るのに五時間かかったそうである。彼女は電車に閉じ込められなかっただけ幸いだったかも知れない。


さて、三十年以上前の茨城ののどかな田舎の話である。

高校に通う電車に乗っていた私達。途中駅から乗ってきた友達が、

『なんかパンタグラフから火花が出てたよ』

とのたまう。誰も心配しない。走り出してすぐ、電車はしゅうううう~と止まり、照明も消えた。あら。回りは見渡す限りの田んぼ。その電車から、私達は飛び降り、最寄り駅まで歩くことになった

田んぼの中の高架を走る単線電車なので、下の道を歩いた方がいいだろうと、線路工事の人が使う階段を降り、ひばりが鳴くのどかな田舎道を歩くメンバーと、見晴らしがいいからと線路を歩いていくメンバーに分かれた。

それぞれがしばらくは平行に歩いていたが、私達は途中用水路に阻まれて、道がなくなってしまい、遠回りをする羽目に。

線路を歩いている連中が『ざまあ見ろ~』と野次を飛ばす。

するとそのとき、止まってしまった電車を牽引するための特急電車が、警笛を鳴らしながら近づいてきたのだ。線路上を歩いている連中は騒ぎ出した。

都会の映像だと、広い線路道を人が歩いているのを見ることがあるが、そこは線路が一つしかない高い高い鉄橋の上である。

『おかあゃ~ん』 『助けて~~』

ぎゃあぎゃあやっている彼らに、今度は下のメンバーが『ざまあ見ろ~』と怒鳴り返していた。

保守点検用に、人間が歩くスペースはあるので(あの事故を起こしたジェットコースターのような)電車が通過した後、彼らは無事な姿で現れたのであるが(当たり前だ!)。

空港闘争のとばっちりを受けて、電車が止まるのは慣れっこになっていたのか、被害者が少ないためか(どうせ田舎ですよ~)、この話は地元のニュースにもならなかった。


その数ヶ月後、私は、駅のホームをパンタグラフを抱えて走っていた駅員を目撃した。



人気blogランキングへ←カチッとお願い!
[PR]
# by chiyoko1960 | 2007-06-24 10:41 | ニュース